2008年10月02日

イオンレイクタウン(埼玉県越谷市)グランドオープン

平成20年10月2日(木)イオンレイクタウン(埼玉県越谷市)がグランドオープンしました。
新設されたJR武蔵野線越谷レイクタウンにほぼ隣接。
218,483m2の商業施設面積(店舗数は565)と8,200台の駐車場及び6,200台の駐輪場を備えた施設千葉県船橋市ららぽーとTOKYO-BAY(店舗面積120,200m2)を抜き、日本最大級の規模。
(ウィキペディアより)

 イオングループは、スーパーマーケットの売上としては、セブンアンドアイグループを抜き日本1位の存在、また過去には、マイカルグループ(旧ニチイ)が経営破たんしたときのスポンサー企業として会社更生法の再建をわずか7年間で正常化させた実績を持つ。また、最近ではダイエーグループの再建も行っている。越谷レイクタウンにはイオンのもともとの企業のジャスコはもちろんのこと、マイカルグループのVIVRE(ビブレ)やマルエツ(ダイエー系)もレイクタウン内での営業をする。
 しかし、巨大になったイオングループにも悩みがあり、土地・不動産などの箱ものが増えることにより、万一の経営リスクが発生した時の対策に、不動産の証券化を試みるとの話題も登場した。
 なおイオンの不動産関連の運営等はイオンモールという不動産会社が行っている。
 リーマンブラザース証券やAIU(アメリカの保険会社)も経営危機に陥る時代。ましては、賃貸保証のインフラを狙っていたリプラスも同じこと。そんな中イオンの企業活動はリプラス情報収集組合としての活動にも充分勉強の余地がたくさんある。(み)
2008/9/3→2008/9/2へ

 


プロデュース:民事再生で債権者集会 「スポンサーに名乗り」 /新潟

リプラスの今後も目が離せませんが、今話題になっているプロデュースですが債権者集会にて数社がスポンサーで名乗り挙げているとのこと。現段階での資産は172億あり破産をすれば34億に減ると説明、果たしてスポンサーをつけての再建は可能なのか、色々疑惑があり蓋を開けてみれば本当はどうなったのかということろが気になります。

http://mainichi.jp/area/niigata/news/20081002ddlk15020031000c.html

プロデュース:民事再生で債権者集会 「スポンサーに名乗り」 /新潟

リプラスの今後も目が離せませんが、今話題になっているプロデュースですが債権者集会にて数社がスポンサーで名乗り挙げているとのこと。現段階での資産は172億あり破産をすれば34億に減ると説明、果たしてスポンサーをつけての再建は可能なのか、色々疑惑があり蓋を開けてみれば本当はどうなったのかということろが気になります。

リプラス 破産開始決定から8日目

リプラスが破産手続きを開始してから8日目が経ちました。現在のリプラスの株価は45円です。その後の主な予定としては、東証マザーズに上場しているリプラス株(8936)が10月9日で終りとなり、あとは1円なのかどうか分かりませんが、市場では売買できないことになり非常に非常に厳しいですが、万一の財産分与を狙って保有する、
  リプラスの「何か」をもとめて保有するということになります。
 まだ、リプラスリートマネジメントなどは、企業としての継続をしていますし、リプラスレジデンシャル投資法人はリート(REIT)不動産投資信託市場には上場のまま継続されるとのことです。
 一説によるとリプラスレジデンシャル投資法人などのリート上場会社は、リートという公共性もあり、金融庁などのテコ入れなどにもよって、簡単には崩壊させないような何らかの方針を取っているとの話もちらほら聞きます。これからもリプラス本体の動向をみるとともに、リプラスリートマネジメントやリプラスレジデンシャル投資法人の行方をしっかりとミ見守っていきます。

 昨日までは天気が雨模様で、今日は一転して東京地方は久々の晴れです。週末にかけて晴れがみこめるとのこと、洗濯日和です。
 昨日は10月1日といって、このつきはやはり10と3を併せて「トウサン」(倒産)と連想されるように、倒産の多い月になります。特に4月が年度開始月にあたるところは、会計年度の折り返し点の企業も多くあります。
 9月末までに銀行んみ駆け込んだけど、資金を集めることができなかった。ので企業は資金の返済の見通しが付かなくなったということで倒産(民事再生法の適用申請)をするのがこの10月の初頭です。
  また、今話題になっていることの1つで、本日よりイオンレイクタウン(埼玉県越谷市で最近新設したJR「越谷レイクタウン駅」がオープンし、今日のトップのニュースの話題となっています。それから、倒産が不動産業界を中心に発生しているせいか、失業者も急増し、「ハローワーク」もかなりの話題となっています。
 ちなみに話題ランキングは次の通りです。
1、イオンレイクタウン
2、チェ・ジンシル
3、愛知県教育委員会
4、さくらをみあげるタンポポ
5、とんぼ
6、川村かおり
7、リプトン
8、パワーステーション
9、ハローワーク
10、清原和博
 となっています。
特にイオンレイクタウンとハローワークはここでの情報収集には欠かせない話題ですので深く突っ込んでいく予定です。
 よろしくお願いします。
posted by 管理人B at 12:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。