2008年11月20日

リプラス名義の預金口座の解約について(破産者株式会社リプラスIR)

破産者株式会社リプラスIRよりお知らせが出ています。内容的には、リプラスに家賃などを肩代わりしてもらっている人は、破産前からあるリプラスの銀行口座には振り込まないでください。ということなのでしょう。
破産者株式会社リプラス破産管財人の銀行口座は当然まだあるのだと思います。
 先日にもこちらの方に投書していただいたかたもいらっしゃるくらいなのですから、紛らわしくなるのを防ぐためもあるのだと思います。
 しかし、リプラスに代位弁済をしてもらっている人の返金口座は株式会社デジタルチェックに移籍した「レントゴー保証株式会社」が設置した銀行口座に振り込むことになるのではないかと思います。
 ゆえにレントゴー保証株式会社での現在のメインは債権回収ですから、わざわざ破産者リプラスの管財人の方で家賃の回収をするのは合理的ではないし、もっとやるべきことがたくさんあるのですから、その回収の分はやはりレントゴー保証株式会社に移籍するのが普通だと思います。その分を会社譲渡の金額で調整をとっているということが妥当な考え方でしょう。
 もうリプラスはいずれなくなる運命にありますが、レントゴー保証が早く立ち直ってくれればと思います。
せめてどこかにでも「リプラス」とう文字はリートのリプラスレジデンシャル投資法人株式会社にでも残しておいてもらえればというのが当方のわずかな希望です。
 




(以下は破産者株式会社リプラスIRより)

リプラス名義の預金口座の解約について
平成20年11月19日
リプラスに対し債務を負担している皆様へ
破産者 株式会社リプラス
破産管財人弁護士 山川 萬次郎
平素は、破産者株式会社リプラス(以下「リプラス」といいます)の破産管財業
務にご理解とご協力をいただきまして、ありがとうございます。
リプラスは、平成20年9月24日に東京地方裁判所において破産手続開始決定
がなされています(事件番号:平成20年(フ)第17521号)。
リプラスは、債務者の皆様に対し、代位弁済した賃料その他の債権を有しており、
これまで、皆様方から、リプラス名義の各銀行口座宛てに振込送金して返済を受け
ていました。
しかし、リプラスが破産手続開始となったことから、これらのリプラス名義の預
金口座を、平成20年12月10日以降、順次、解約して閉鎖しますので、その旨
を予めご連絡致します。
今後のご連絡は、下記宛にお願い致します。
(破産管財人問合せ窓口・コールセンター)
電 話 03−5332−5459
(受付時間 午前10時から正午、午後1時から午後5時 土日祝日を除く)
ファックス 03−3263−8982
以上
http://www.re-plus.co.jp/ja/news/081119/081119-1.pdf
(破産者株式会社リプラスIR/2008/11/19)

(2008/11/20留)


posted by 管理人B at 13:35| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | リプラスIR 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

従業員を解雇し廃業した 京品ホテル経営陣の思惑 (nikkeiBP)

●以前から話題となっていました京品ホテルについてです。利益がでて繁盛しているのに廃業となった京品ホテル
は未だ従業員の解雇問題が解決せず、会社側からの施設禁止に対する仮処分の申し立てもあり、かなり状況は悪化している
模様です。あとは営業を継続するのにスポンサーがついてくればと従業員の声は切実です。
 営業や立地条件など問題はないのに経営側の金融問題で本業まで悪影響がでているのは、景品ホテルやリプラスの事業部
であったレントゴー保証(現在は株式会社デジタルチェックのもとでのレントゴー保証株式会社)だけではありませんが、
特にこの2つは目が離せません。

(以下は一部参照)
従業員を解雇し廃業した
京品ホテル経営陣の思惑
2008年11月12日

 
(経済ジャーナリスト 松崎 隆司)
 従業員全員を解雇し廃業した東京高輪にある京品ホテルの従業員46人が10月31日、地位確認を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 訴状によると、京品ホテルは2007年度に1億円以上の利益がありながら、経営陣は経営を維持する努力もせずに従業員を不当に解雇し、会社を廃業したという。
 経営陣が廃業を従業員に伝えたのは5月のことだ。当時の状況について東京ユニオンの渡辺秀雄委員長は次のように語っている。
 「突然経営者から『建物が老朽化してこれ以上続けていけないことと、借金が60億円あることから、10月20日をもって従業員を全員解雇し、廃業する』と言われました。しかし、きちんとした説明は何もありませんでした」
 その後従業員たちは経営陣などに対して解雇を取り消すよう団体交渉を進めてきたが、経営陣はこれに対して誠意をもって対応せず、10月20日には従業員に対して一方的に解雇と廃業を言い渡したという。

 なぜ京品ホテルはこのような強引な手段で廃業したのだろうか。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20081112/111836/?P=1
(つづきはこちらのほうをごらんください)

(日経BP/2008/11/14 より一部引用)
(2008/11/19/留)

2008年11月18日

子会社破産のお知らせ(リプラス・チャイナ・アセットマネジメント株式会社)平成20年11月14日

リプラスの子会社のリプラスチャイナアセットマネジメント株式会社が平成20年11月14日東京地方裁判所に破産の申し立て(自己破産)をしました。代表取締役は姜裕文 氏です。
  中国も日本同様にアメリカの金融不況のあおりを受けて、この影響での倒産は日本ではあまり見られない「製造業」の経営破綻も多くみられています。やっと高い成長を見出してきた中国だけに中国の不況のあおりは人口の多い国だけに世界各国多々影響を受けるに違いありません。
 そのひとつに中国よりの輸入品の食の問題が多くあります。中国は昔から農作物に不良品が少ないといわれていますが、それは強力な農薬の散布に他なりません。輸出も多くしていることや保存を強くすることにより低価格の農作物が実現できるわけです。
 日本のスーパーマーケットなど中国の製品が多く存在していますが、その商品は日本産よりはかなり安いです。それを顧に、健康を損ねるおそれのリスクが存在するのです。

  本題に入って、リプラスの中国進出で、アセットしたお金で、大きなビルを建設しそれで運用しようとなっていたのでしょうか。リプラスチャイナアセットマネジメントの進出での中国の進出でリプラスグループが大きく打撃を受けたとも言われています。
 オリンピックの経済の期待が大きくさけばれていたのも束の間、大きな投資をして、その予測がはずれた時の負の影響ははかり知れません。

 なんとか再起しているレントゴー保証株式会社(株式会社デジタルチェック傘下)も、今後はその利益が出た場合は、不動産投資などへまわることはないと思いますが、保険の性格が強いことも考えて、安定した成長を重ね重ねお願いしたいものです。

破産管財人就任のごあいさつ(リプラスチャイナアセットマネジメント株式会社)
(2008/11/14/リプラスIR 2008/11/18出)

posted by 管理人B at 17:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リプラスIR 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。