2008年11月21日

苦境に立たされる日本レジデンシャル投資法人(九州企業情報)

●九州だけど、東京の方の情報にも強い九州企業特報が次のことを述べています。
リート(不動産投資信託)はリプラスレジデンシャル投資法人の親会社であるリプラスが破産になったために
リートの方にも配当の面で大きな影響がでているとのことです。他にもニューシティレジデンシャル投資法人が民事
再生法適用申請となっていますが、他のリートも苦境に立たされています。現実には銀行などはリートの物件を
担保にして資金を貸与していることや、リート自体の会社には従業員がいないという特性もあり、安全ともいわれていますが、
その替わり、それを運用している運用会社というものが実態として存在しています。
 したがってただちにリート自体が倒産しても影響はないといわれていますが、それは資産が保全されるという
意味だけであり、それ以降の運用や配当は難を生じることは避けられません。

 


(以下参考)
苦境に立たされる日本レジデンシャル投資法人
[企業・経済ニュース]
2008年11月19日 16:32 更新

J-REITの日本レジデンシャル投資法人が苦境に立たされている。
 同投資法人は11月18日、08年11月期(第10期)の運用状況の予想の修正を発表した。それによれば、営業収益は前期89億6,700万円→当期90億2,500万円、経常利益は前期29億6,800万円→当期29億9,900万円と微増するものの、当期純利益が前期29億6,500万円→当期6億6,700万円と激減する。
 主な理由は、取得予定だった「パシフィックロイヤルコートみなとみらい アーバンタワー」(117億1,502万円)の取得中止による違約金23億4,300万円が発生したため。
 しかし、より衝撃的なのは1口当たり分配金の減少幅だ。前期実績は14,577円だったのが当期は2,700円にまで落ち込む見通しで、全投資法人中で最低の額、最高の下げ幅となる模様。下げ幅が大きいものには、ほかにリプラス・レジデンシャル投資法人がある(前期14,312円→当期5,766円)が、ここは資産運用会社のリプラスが破綻したから、ある意味当然の結果である。
 こうした事態を受け、ムーディーズは同投資法人の格付けをBaa3からBa2に格下げすると発表。R&Iは、違約金の損失は1期限りとして静観の構え。だが、同投資法人はすべての借入金について担保提供の申し入れを行ったことも同日発表。担保提供は資金調達の安定化に寄与する一方、物件売却や新たな借入の機動的な実施を制約する。
 ただ、分配金の低さから投資口としての妙味は薄い。また、少なくとも福岡に有する4物件の収益性は低く、同投資法人が今後どのような対策をとるのか注目される。

http://www.data-max.co.jp/2008/11/post_3530.html
(Net-IB|九州企業特報/2008/11/19/)

(2008/11/21/留)


posted by 管理人B at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リプラス ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。