2009年01月25日

自主営業の元従業員、強制退去=警官隊導入、一時騒然−京品ホテル・東京地裁(京品ホテル)

●久々の京品ホテルのニュースです。リプラス同様、リーマンやサブプライムローンの影響を受けた京品ホテルですが、黒字経営にも関わらず、多額の負債を抱えた上に営業場所のホテルが担保になっていたために廃業のあおりを受けた従業員がついに強制執行を受けて立ち退きをさせられたようです。法律上の立ち退きなのでやむを得ないことですが
残念です。

(以下参照)
自主営業の元従業員、強制退去=警官隊導入、一時騒然−京品ホテル・東京地裁
 
2009年1月25日(日)13時15分配信 時事通信


 昨年10月に廃業し、解雇された従業員らが自主営業を続けていた老舗ホテル「京品ホテル」(東京都港区)の立ち退き問題で、東京地裁は25日、施設の明け渡しと退去を命じた15日の仮処分決定に基づき、強制執行を行った。
 25日早朝、地裁の執行官が多数の警察官を伴いJR品川駅前のホテル前に到着。元従業員らが所属する労働組合「東京ユニオン」の組合員ら約300人がホテル入り口にバリケードを張って待機する中、にらみ合いが始まった。
 組合側の求めで執行官との話し合いが行われたが決裂。午前9時ごろ、強制執行が始まると、抵抗する組合員らを警察官が排除し、ホテル周辺は怒号や悲鳴で一時騒然となった。組合側によると、数人のけが人が出たという。
 同ホテルの元支配人富田哲弘さん(58)は「30年以上前から働いていたところで、最後にこうなったのは残念だ」とぶぜんとした表情。「みんな今後は決まっていない。これから話し合いをしないといけないが、ただあぜんとしている状態だ」と憤った。 

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-25X066/1.htm
(2009/1/25/留)


派遣村:医師・弁護士ら稲毛公園で25日−−川崎版 /神奈川

●「年越し派遣村」(特定非営利活動法人自立生活サポートセンターもやい 他の運営)の話題になります。日比谷公園で行われた川崎市版とのことで年越し派遣村の好影響が広がっています。

(以下参照)
派遣村:医師・弁護士ら稲毛公園で25日−−川崎版 /神奈川
 景気悪化の影響で県内でも非正規雇用労働者らの解雇が相次ぐ中、川崎労働組合総連合などは25日、医師や弁護士らが雇用や健康相談に応じる「雇用、仕事、暮らしの総合相談村」を稲毛公園(川崎市川崎区宮本町)で開く。東京・日比谷公園で開かれた「年越し派遣村」の川崎版で、1日限りのため宿泊はないが、生活保護の集団申請や炊き出しなどをする。

 当日は公園にテントを張り、弁護士や医師、ソーシャルワーカー、教職員OBら常時30人前後が、生活保障や労働、医療や健康、教育・子育てなどの相談に無料で応じる。また生活保護や市の緊急雇用などへの集団申請を近くの川崎区役所などに実施。おにぎりや豚汁を100人分以上用意するという。
 実行委員長を務める原弘明医師は「明日の生活の糧にも困っている人たちの力になり、一緒に問題を解決したい」と参加を呼びかけている。
 午前9時半〜午後4時半。問い合わせ先は川崎労連(044・211・5164)。【笈田直樹】

http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20090219ddlk14040264000c.html
(2009/1/25/毎日.jp)

(2009/2/24/→)
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。