2009年02月23日

平成電電巨額詐欺 関係会社社長らに有罪判決

●平成電電詐欺事件の判決になります。平成電電の社長と協力会社がつるんで、通信機器の購入をすると嘘の話を持ちかけて、出資金を平成電電本体の運転資金に使ったということで
の判決が下りています。


(以下参照)
平成電電巨額詐欺 関係会社社長らに有罪判決
2009.2.23 12:13
  破綻(はたん)した通信ベンチャー「平成電電」の巨額詐欺事件で詐欺罪に問われた関係会社元社長、熊本徳夫被告(56)と関係会社の元取締役、坂上好治被告(50)の判決公判が23日、東京地裁で開かれた。合田悦三裁判長は「出資金をいたずらに平成電電に流して回収不能にした。被害弁償も行われていない」などとして熊本被告に懲役6年(求刑懲役10年)、坂上被告に懲役3年(同懲役6年)を言い渡した。

 合田裁判長は「出資金がパンフレット通りに用いられていないことを把握しながら、出資を募った」と両被告に故意や共謀があったと指摘。「メディアを通した宣伝で大々的に投資家を集めた。犯行の組織性は顕著で悪質」と非難した。
 また、分離公判中の平成電電元社長、佐藤賢治被告(57)を首謀者として認定し、「両被告の関与は従属的だった」とした。
 両被告は「だますつもりはなく共謀もなかった」と無罪を主張していた。

 判決によると、両被告らは共謀して、平成17年8月ごろ、「投資金で通信機器を購入し、平成電電へのリース料から配当を支払う」などと虚偽の内容を記載したパンフレットを送り、30人から計3億6000万円をだまし取った。だまし取った金は平成電電の運転資金に充てられた。
(2009/2/23/MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090223/trl0902231214004-n1.htm

 


商工ローン大手のSFCG、民事再生法を申請 負債総額3000億円

商工ローン大手のSFCG、民事再生法を申請 負債総額3000億円
 東証1部上場の商工ローン大手、SFCG(旧商工ファンド)は23日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は約3000億円とみられる。1978年に創業し中小企業向け融資を手掛けたが、強引な債権回収方法が社会問題となり信用力が低下。融資先企業の経営悪化や金融危機の影響による資金調達難で経営が行き詰まった。

 同社は1978年に創業。中小企業向けの小口融資で業績を伸ばしたが、債務者への強引な取り立てに批判が集まり、大島健伸社長(当時)が国会から参考人招致されるなど社会問題化した。
 2002年に社名をSFCGに変更して信頼回復を目指したが、その後も利息制限法の上限を超える「過払い金」の返還や返済を巡るトラブルが相次いでいた。 (07:14)

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090223AT3K2300423022009.html
(2009/2/23/nikkeinet)

(2009/2/23/留)

SFCG(旧名称 商工ファンド)民事再生法の適用を東京地方裁判所に申請

MAGネットの親会社SFCG(旧称 商工ファンド)が東京地方裁判所に民事再生法の適用申請をした模様です。詳細はニュースなどでごらんになってください。
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。