2009年03月23日

郡山駅前に派遣村開設

●こちらは派遣村の東北の郡山版です。全国各地で着々と派遣村の輪が広がっています。「派遣社員」という身分がいかにひどくなってしまったものなのかがわかります。


(以下参照)
郡山駅前に派遣村開設
 派遣切りやリストラで職を失い、生活に困っている人を支援する「郡山派遣村」が22日、JR郡山駅前広場に開設された。郡山地方労連などでつくる「雇用とくらしを守る郡山ネットワーク」の主催。

 派遣村には小雨が降る中、失業者や路上生活者など50人以上が次々と訪問。生活保護の申請の仕方や職や住居の探し方などの相談が数多く寄せられた。おにぎりや豚汁、漬物なども振る舞われた。
 1月いっぱいで郡山市内の運送会社から解雇されたという無職男性(44)は「今は貯金を切り崩して1日500円以内で生活しているが、先行きが不安。国や会社にはもっと人を思いやる心を持ってほしい」と話していた。

(2009年3月23日  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukushima/news/20090322-OYT8T01022.htm



2009年03月22日

反貧困・駆け込み大相談会:さいたま「派遣村」に120人 /埼玉

●「年越し派遣村」(日比谷公園にて、特定非営利活動法人自立生活サポートセンターもやい、労働組合関係他主宰)のさいたま版「派遣村」の話題です。年度末といわれる「2009年問題」(派遣労働者の大量雇い止め)の時期がまさにやってこようとしています。
実際に家がない(住むところがない)ということが今後の活動の大きなネックになっている部分です。実際日本では「住居費」というものが支出の中で大きなウエイトを占めているので、
この件を住居が無い野宿労働者だけではなく、国民全体の課題としてもっと対策を立てるべきではないのかということです。
 レントゴー保証株式会社(現在は株式会社デジタルチェックの傘下、かつてのリプラスの賃貸保証事業部)も厳しい状況ながら復活を遂げているという話もよく聞きます。今後のこれらの活動は目を離せません。

 

(以下参照)
反貧困・駆け込み大相談会:さいたま「派遣村」に120人 /埼玉
 ◇「働きたいけど家がない」 反貧困ネット「行政は社会復帰の支援を」
 派遣社員らの大量解雇が予想される年度末に合わせ、弁護士や社会福祉士らでつくる「反貧困ネットワーク埼玉」(川井理砂子代表)は21日、さいたま市大宮区桜木町1の鐘塚公園で「反貧困・駆け込み大相談会in埼玉」を開いた。訪れた120人の生活困窮者が「働きたいけど家がない」などと窮状を訴えた。【山崎征克】

 受け付け開始前の午前10時前、会場には既に約20人の相談者が集まっていた。車上生活をしていた、千葉県から訪れた男性(39)の所持金は10円。昨夏、派遣社員として働いていた工場を辞めた後、病気で入院したこともあり、借金も抱える。「無料の健康相談もあってありがたい。早く病気を治して働きたい」と、か細い声で話した。別の路上生活者の男性(38)は、「就職活動しているが、不況で雇ってくれるところがない」と頭を抱えた。
 会では、弁護士や看護師らが、▽健康▽生活・労働・多重債務▽住宅▽女性−−などのブースに分かれ、相談を受けた。元派遣社員以外にも、「過労でうつ病になり、困っている」「夫の給料が下がり、住宅ローンを払えない」など多くの相談が寄せられた。
 夕方には、実行委ら約50人が近くのビルに入る県緊急求職者サポートセンターを訪れ、家のない相談者が生活保護を申請する間に利用できる緊急宿泊所を求める一幕もあった。実行委は事前に県とさいたま市に打診していたが、「すぐに貸せる施設はない」との回答を受けていた。この日受け付けた県就業支援課の職員は、「民間の無料低額宿泊所などを紹介している」などと説明。実行委は「宿泊所は満員で入れないのが実情」などと訴えたが、話し合いは平行線に終わった。家のない約30人は23日以降、さいたま市などに生活保護の申請をするという。
 社会福祉士で実行委の藤田孝典事務局長は、運営するNPO法人で、センターのサポートから漏れた人の相談も受ける。「行政は家も職もない人が社会に復帰できる態勢づくりをすべきだ」と話す。相談会は22日午後5時まで。

http://mainichi.jp/area/saitama/news/20090322ddlk11040128000c.html
(2009/3/22/毎日.jp)

2009年03月20日

日本レジデンシャル、高級賃貸マンション向けカーシェアリングサービスを2物件で導入

●不動産投資信託(REIT)の話題です。
 リプラス・レジデンシャル投資法人から名称だけが変更した「日本賃貸住宅投資法人」も住宅に特化した投資法人です。都心の住宅はどうしても駐車場が月5万を超える
ところはざらにあります。それを節約する方法をとるのにはやはり、「カーシェアリング」となります。それを導入することで、車を所有してなくても、近隣でレンタカーを借りるよりも
遥かに低コストでの自動車の活用が可能となります。使用頻度がかなり多いけれども、それなりに使いこなすため、自動車はどうしても所有したい(何かあった時のために)が使用頻度がかなり少ない人に
とってもメンテナンスの面を考えたらかなりの低コストになります。
 それが実質的な不動産物件の付加価値となります。

(以下参照)
日本レジデンシャル、高級賃貸マンション向けカーシェアリングサービスを2物件で導入
高級賃貸マンションのカーシェアリングサービスが拡大

CS向上と収益力強化を図る


 住宅特化型J−REIT最大で、東京23区を中心に139物件、9,382戸の賃貸物件を保有する日本レジデンシャル投資法人は、4月上旬以降2物件にカーシェアリングを導入する予定です。既にカーシェアリングサービスを展開している都内6物件・札幌3物件に加えて、計11物件での稼働となります。

 住まいに求める付加価値が多様化するなか、賃貸マンションにも分譲マンションと同等の仕様や高品質なサービスが求められています。そこで昨今ニーズが高まっているカーシェアリングの導入を積極的に進めることにより、マンション入居者の利便性を図り、CSを向上させることを目指しています。また、空き駐車場を活用して物件の収益率を上げることも狙いとしており、入居者以外の近隣にお住まいの方にもカーシェアリングサービスを開放し、多くのご利用をいただいています。
 ※カーシェアリングサービスは、自動車を多数の人で共同利用する会員制のレンタカーサービス。自動車の購入や維持にかかるコストを大幅に削減し、大気汚染や交通渋滞などの緩和に貢献するとして環境保護面からも注目されています。


<稼働物件>

●都内
 パシフィックリビュー新川(中央区新川)
 パシフィックレジデンス月島II(中央区月島)
 コスモグラシア錦糸町アクヴェル(墨田区緑)
 コスモグラシア新御徒町(台東区元浅草)
 パシフィックレジデンス芝大門(港区芝大門)
 パシフィックリビュー早稲田西(豊島区高田)

●都内
 パシフィックレジデンス南一条(札幌市中央区南一条)
 パシフィックレジデンス大通西(札幌市中央区大通西)
 パシフィックレジデンス北三条(札幌市中央区北三条)

<導入予定物件>
 パシフィックレジデンス広尾南 (渋谷区恵比寿) ・・・4月上旬以降導入予定
 パシフィックリビュー銀座東(中央区湊)    ・・・        〃

実際の運用
 マンション駐車場のステーションに車を1〜2台設置。利用者は会員登録時に発行されるICカードを車に搭載されたカードリーダーにかざしてロックを解除し、グローブボックスからキーを取り出し利用します。返却時はグローブボックスにキーを戻し、ICカードをカードリーダーにかざすと車はロックし、利用終了になります。

 予約は電話やインターネット、携帯電話などから可能で、利用料金は時間料金と距離料金の加算制。ガソリン代は利用料金に含まれており、満タンにして返す必要はありません。
 すでにカーシェアリングを導入している物件では、2月頃からじわじわと申し込む方が増加。車にかかるコストを削減したいという理由から、子供連れの若い夫婦から年配の方まで幅広い世代が利用されています。土日の利用が多いほか、家具の購入など車が必要な時だけ使うというケースも目立ちます。料金は、物件(運営会社)によって若干異なりますが、パシフィックレジデンス月島IIの場合は、契約時のICカード発行料1,995円と、利用登録手数料(5,250円、但し入居者は無料)に、使用時の料金が加わります。使用料金はふだんの買い物用に 1回2〜3時間の利用(走行20キロ程度)のケースで、2,000円前後です。


● 関連リンク
日本レジデンシャル投資法人 ホームページ


● 関連資料
参考画像
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=215326&lindID=5
(2009/2/20/日経プレリリース)

広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。