2009年03月23日

郡山駅前に派遣村開設

●こちらは派遣村の東北の郡山版です。全国各地で着々と派遣村の輪が広がっています。「派遣社員」という身分がいかにひどくなってしまったものなのかがわかります。


(以下参照)
郡山駅前に派遣村開設
 派遣切りやリストラで職を失い、生活に困っている人を支援する「郡山派遣村」が22日、JR郡山駅前広場に開設された。郡山地方労連などでつくる「雇用とくらしを守る郡山ネットワーク」の主催。

 派遣村には小雨が降る中、失業者や路上生活者など50人以上が次々と訪問。生活保護の申請の仕方や職や住居の探し方などの相談が数多く寄せられた。おにぎりや豚汁、漬物なども振る舞われた。
 1月いっぱいで郡山市内の運送会社から解雇されたという無職男性(44)は「今は貯金を切り崩して1日500円以内で生活しているが、先行きが不安。国や会社にはもっと人を思いやる心を持ってほしい」と話していた。

(2009年3月23日  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukushima/news/20090322-OYT8T01022.htm



広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。