2009年04月30日

不動産開発のライフステージ倒産、負債総額121億円2009年4月30日19時59分

●不動産デベロッパーのライフステージが倒産しました。今や大型企業の倒産は頻繁に起こり珍しくはありあせん。
 特にライブステージは急成長企業だけあって好意を寄せていた投資家も多いかと思います。


(以下参照)
不動産開発のライフステージ倒産、負債総額121億円2009年4月30日19時59分
  
 
 神戸市中央区の複合商業施設「神戸ミッドポート」などの開発を手がけていた不動産開発のライフステージ(大阪市)が30日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けた。民間信用調査会社の帝国データバンクによると、負債総額は関連会社を合わせて約121億6500万円。

 ライフステージは90年設立。マンション販売などで成長し、06年に新興市場ヘラクレスに上場した。建設中の神戸ミッドポートは商業施設開発への進出第1号で、メリケンパークに隣接する好立地のホテルとして注目を集めていたが、工事が止まっている。
http://www.asahi.com/business/update/0430/OSK200904300057.html
(2009/4/30asahi.com朝日新聞社)

posted by 管理人B at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

出資話に「代理店」介在 バルチックカレー問題

バルチックシステム(バルチックカレーの続報になります)
代理店になっているのは、新宿のコンサルタント会社や港区の会社が介在していると強調されています。

 参照

2009年04月26日

10億円集め?未配当 バルチックカレー 返金応じず解散

●同じくバルチックシステムの話題です。
4月20日に判明したことによるとバルチックカレーは配当や返金もほぼ行われていないとのことです。


(以下参照)
10億円集め?未配当 バルチックカレー 返金応じず解散
2009年4月21日 朝刊

 首都圏を中心に展開するカレー店チェーン「バルチックカレー」の運営会社バルチック・システム(東京、吉野幸則社長)が中国に進出するなどとして、全国の投資家から出資を募った後、配当せず、返金にもほとんど応じないまま、昨年九月に解散したことが二十日、出資者や同社関係者らの話で分かった。
 元社員は「複数の投資案件名目で十億円以上を集めたと在職当時に聞いた」と話している。また出資者側の弁護士は複数の出資者が解約金や賠償を求めた訴訟で勝訴したり和解したりしたが、バルチック社側の支払いは滞っているとしている。
 バルチック社側は取材に応じていない。
 出資者らによると、バルチック社は二〇〇六−〇七年にかけ、雑誌やインターネットで「今後五年間に中国でカレー店を六百店展開する」として出資者を募り、応募者には「一口百万円で店の共同オーナーになれる。五年後の予想利益配当は十倍以上。ローリスクでハイリターンな投資」などと勧誘した。
 出資者が入金すると吉野社長が代表の投資事業有限責任組合に出資したことを示す契約書が送られてきた。
 しかし、一回目の配当が予定されていた〇八年以降、出店計画の遅れなどを理由に、出資者に配当はなく、運営状況の説明もないという。
 バルチック社は〇三年にも、国内のパチンコ店にカレーの移動店舗を展開する「バルチック・ハウス事業」名目で出資を集めたが、当時出資した人の弁護士によると、配当は止まり、解約金も支払われていない。
 同社は今年に入っても関連会社への投資を募っていることから、出資者側の弁護士らは「詐欺の疑いのほか、新たな出資金を過去の弁済に充てる『自転車操業』状態に陥っている可能性がある」と指摘している。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009042102000094.html
(2009/4/21/東京新聞tokyoweb)

広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。