2009年05月15日

破産者株式会社あいであ・らいふ 編

 13:30〜14:03 迄が あいであ・らいふに関する破産管財人による説明になります。
その後に質疑応答で14:52まで行われました。

 まず、あいであ・らいふは 「頭で儲ける時代」という月刊誌の発行がメインで行われていました。
その「頭で儲ける時代」という雑誌の中の企画において物々交換を行う会社の設立のための出資を募りました。平成4年に「トレードチェックシステム株式会社」が設立されました。
 平成7年に従来の造形社が発行していた雑誌「男の隠れ家」を あいであ・らいふ により募集勧誘を開始しました。そして平成9年10月には事業譲渡によりあいであ・らいふ が運営を譲り受けて運営を行うようになりました。
 平成10年11月に「あいであ・らいふ総研」
 平成11年6月からは匿名組合方式で13件の案件において資金集めが行われました。
 平成12年3月に株式会社メガカフェが設立されました。
 平成20年3月には「あいであ・らいふホールディングス」が設立されました。それは あいであ・らいふを分割した会社の1社です。そこには従業員は26名おりました。

    あいであ・らいふは 本来の出版事業と投資事業組合などの運営が大きな柱です。
 しかし、平成20年4月16日に設立された「あいであ・らいふホールディングス」は特定の債務を分離するための会社であり、しかも「書類上の会社」でした。したがいまして、その会社の破産申し立てに関しては
帳消しにしてもらい、あいであ・らいふの事件について包含いたしました。


続報)破産者株式会社あいであ・らいふ外3者の財産状況報告集会(その2概要)

平成21年5月11日(月)13:30より第1回破産者株式会社 あいであ・らいふ 外3者 計4者の財産状況報告集会(債権者集会)
が 家簡地裁合同庁舎債権者集会室T で行われました。終了した時刻が13:32になりますので約2時間ということになります。
 債権者集会は次の順番で行われました。

 1 破産者株式会社あいであ・らいふ 参加者約100名 
      平成20年(フ)第23138号 代表者 嘉藤慎哉 元代表取締役社長
 2 破産者 トレードチェック・システム株式会社 参加者約30名 
      平成20年 (フ)第23139号 代表者 嘉藤慎哉 元代表取締役社長
 3 破産者 株式会社メガカフェ  参加者15名
       平成20年 (フ)第23141号 代表者 嘉藤慎哉 元代表取締役社長
 4 破産者 嘉藤慎哉 (個人の破産)その他不明。


 この順番は債権者の多い順番ということで行われた模様です。

 破産管財人は 五十嵐啓二 弁護士 管財人代理及び公認会計士は4名列席です。
 裁判長は1名 
 破産者 嘉藤慎哉 元代表
 破産者代理人 神 弁護士他2名

列席者すべて檀上に1列に着席していました。
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。