2009年05月20日

106億円の血税投入 朝霞ツイン公務員マンションは自然破壊する

●滞納家賃保証・賃貸住宅家賃保証 これは約10年以上前に登場したといわれる新しいビジネスと言われています。現在はリプラスの破産で株式会社デジタルチェックへ事業を譲渡されたレントゴー保証株式会社を含めて100社存在するとも
言われています。倒産する会社もあることながら、全体として売り上げが伸びているとのことです。
 しかし、この保証市場は民間アパートに限っていることであって、公務員については福利厚生の一貫として公務員住宅がこのように保証されています。
都心の公務員宿舎でも2DKで月約1万3千円程度なので、サラリーマンとしては大きな魅力の一つです。


(以下参照)
106億円の血税投入 朝霞ツイン公務員マンションは自然破壊する

 敷金も連帯保証人もいらず、都心の一等地にありながら家賃相場は激安。不況で収入減にあえぐサラリーマンにとって夢のような賃貸住宅が巨額の血税を投じてつくる「国家公務員宿舎」だ。都内・東雲に建設中の「官僚タワー」にも怒号が飛んでいるが、3月に落札者が決まった「朝霞宿舎(仮称)」(埼玉県朝霞市)も、約20万平方メートルの敷地に広がる手付かずの自然林をブチ壊してつくるシロモノだ。

http://gendai.net/?m=view&c=010&no=22226
(2009/5/20/ゲンダイネット)



posted by 管理人B at 17:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸保証・滞納家賃保証業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。