2009年05月25日

「追い出し屋」〜数日の家賃滞納で住みかを失う恐怖

● 「追い出し屋」についての評論が述べられています。実際のところ「家賃保証会社」は本来連帯保証人が立てられない人のための強い
味方で、それを利用することにおいて、空室対策が講じられるなどの利点があるので、家主(貸主)にとっては大変大きメリットになっています。
しかし、最近は強引な取り立てを行う家賃保証会社も存在し、社会的なトラブルにもなっています。そこで、国などはその部分の問題を解消しようと法規制などに
とりくんでいるような状態になっています。
 また、家賃保証会社は「保険」の機能を果たしている性質上、資金のバックボーンがなければなりません。バックボーンとなる資金の保全の仕方は
様々ありますが、殊にリプラスの場合は、年間保証料を賃貸保証の事業ともうひとつの大きな柱となるアセットマネジメント事業に活かすという技をもっていました。
残念ながら100年に一度といわれる金融不況には立ち向かうことはできませんでした。
 それを契機に、もうひとつの問題となっていた家賃保証会社の強引な追い出し行為が大きく浮上してきたわけなのです。

 
(以下参照)その後


posted by 管理人B at 04:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸保証・滞納家賃保証業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。