2009年07月29日

不動産競売:不況深刻化、急増 ローン払えず自宅手放す /福島

● ここ最近の景気の悪化から 企業の倒産による失職・派遣切りなどによる失職・賞与の著しい減額による大幅な収入減により、持家を手放す人が増えています。
  実際に賃貸と持家はどちらが有利かといえば当然持家の方が有利なのです。しかし、転勤や住み替えなどを行うとなると、その持家としての利点は、昔のように
  不動産の高騰ということがない限り、不利な状況となります。
   話はそれましたが、困ったら銀行に相談して支払い期間を延ばすなどの方法もあるので、あきらめないことが必要です。


 

その後


posted by 管理人B at 15:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃借人・不動産所有(持家)関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

東急リバブルなど不動産仲介の一角が安い・民主党の政策を嫌気

● どうも昨日あたりの民主党の政策は、不動産仲介業者にとってはやや不利な政策とみられるようです。
  それが株価に大きく影響を見ているようです。
 現実問題として政策はすべての人に満足できるようなことは不可能なので、どこかがよくなればどこかが悪くなるというものは避けられません。
ここはひとつ新しい工夫で乗り切らなければなりません。


 

その後

2009年07月27日

銀行がスポンサー選びに「待った」 破綻リート・ニューシティの混沌(日本賃貸住宅投資法人・旧リプラスレジデンシャル投資法人に関する記事掲載〜ダイヤモンドオンライン)

下記は先ほどのダイヤモンドオンラインにおける記事の掲載の一部になります。


だが新スポンサーの候補はじつは大和ハウスだけではない。当初のスポンサー入札では、米ファンドのオークツリーが二番札だった。こちらもビ・ライフ同様、系列のリートである日本賃貸住宅投資法人(旧リプラス・レジデンシャル投資法人)との合併を提案しており、金利条件もローンスター案よりいいという。
 通常、一番札がダメなら二番札に権利が回ってきてもおかしくない。当然だが、オークツリーも新スポンサーとして名乗りを上げる準備をしている。
http://diamond.jp/series/inside_e/09_08_01_001/
(ダイヤモンドオンライン)
http://re-plus.seesaa.net/article/124401048.html
(リプラス情報収集組合)
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。