2009年07月27日

銀行がスポンサー選びに「待った」 破綻リート・ニューシティの混沌

▲昨年の10月9日に経営破綻(民事再生法適用申請)したJーREITの「ニューシティレジデンス投資法人」は現在は微妙なところに来ています。
民事再生法における「債権者集会」において、債権者の同意が得られなかった場合、ニューシティレジデンス投資法人は会社を整理精算する方向への「破産手続」
に移ります。こうなってしまうとニューシティレジデンス投資法人に投資した投資主はかなりの減額された配当金をうけとるだけのものになってしまいます。
 リートの場合は会社には従業員はいないので、破産になった場合でも通常の会社よりは多くの配当金は受け取れるものの、それでも1割未満となることも
少なくありません。

 
その後


2009年07月26日

東証2部への降格相次ぐ 不況で業績悪化

●ここのところ、東証1部の銘柄が経営不振などの理由から2部に降格となる企業がいくつかあるようです。
 実際基準から外れるから当然のことなのですが、このような監視を厳格にしないと投資家から東証へかなりのクレームになるということ
もあるようです。

 
その後
posted by 管理人B at 04:44| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 株式市場・金融商品市場の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

伊藤忠系とパシフィック系Jリート合併協議

● ついにJ−REIT同士の合併が実現します。また唯一J-REITで経営破たんして民事再生手続き中の「ニューシティレジデンス投資法人投資証券」が大和ハウス関連のリートと合併交渉となりますが、
 社債で「民事再生手続き」に至った時は、かなりの債務の免除も余儀なくされているので、それによりニューシティレジデンス投資法人の投資主にどのような影響が出てくるかが期になるところです。
 


 

その後
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。