2009年07月02日

元社長宅立ち入りへ SFCG破産管財人 週内にも 資産流出防ぐ狙い

●破産したSFCGの破産管財人が大島元社長の自宅について資産調査をしているようです。基本的に破産管財人は破産したのがSFCGということなので、
SFCGを中心に資産調査をしますが、SFCGからその関係者に奇妙な資産の流れがあった場合は、やはりその関連も調査します。
 実際企業が倒産するときの前には、なぜかその企業から資産が取締役や関連企業(ここでは不動産鑑定・滞納家賃保証・不動産投資などのMAGねっとホールディングスがそれに当たります。)などに流れていることも少なくなく、結局は破産する予定の会社の負債を大きくして、関連会社などに資産をうつしていくというやり方は
倒産企業は多からずあるようです。
  不正に流れていると判断した場合は、管財人はその流れを否認して、監督している裁判所に査定を求め、当事者に請求をします。
その後裁判が進み判決を持って当たらめて請求をしますが、それに応じないなどの場合は強制執行もしくは債権者破産の手続きという運びになるかと思われます。

 
 その後


広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。