2009年07月08日

なるほドリ:追い出し屋は何で訴えられるの? /大阪 (家賃保証会社)

●興味深い記事があります。家賃保証会社がなぜ訴えられるのか? ということです。
 当然ながら家賃を滞納するということは悪いことです。家賃を糧にしている家主やその管理費用を糧にしている不動産投資・不動産管理会社など、経営に悪影響を与えます。
しかし、家賃を滞納するにもさまざまな理由があります。借地借家法などの規定により、借主も法律では、弱い立場を考慮して守られています。
 それゆえに家賃保証会社は滞納した家賃の保証をすることにより一応の円満の解決が行われます。
 そういう意味においては家賃保証会社は重要な意味をなしますが、家賃の滞納の肩代わりが多くなってしまえばその会社自体の存続もあやういです。
できれば、払えないと判明したら、その損失が大きくしないためにも、その住居から退出させることが自然と働いてしまいます。
 その会社が100社もあれば、倫理的にも法律的にも違法性の企業が現れます。それがいわゆる「追い出し屋」と問題視されています。
すべての家賃保証会社が問題があるわけではありません。


 

その後


posted by 管理人B at 01:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸保証・滞納家賃保証業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。