2009年07月24日

賃貸住宅、更新料は無効=保証金も、家主に返還命じる−京都地裁

● 何気なく敷金2か月・礼金2か月・仲介手数料は1か月+その消費税、2年後には、更新料1.5か月、更新手数料0.5か月、退去時には
敷金2か月は掃除費用や畳の交換など難癖をつけられて結局はその費用は返還するどころか、さらに不足分を請求してくる不動産会社も少なくないようです。
 経年変化やその他のルールも取り決めた東京ルールというものもありますが
 今回の判決は賃貸業界にとって大きな変化をもたらすかもしれません。

その後


生活保護申請させ滞納家賃回収 旧SFCG系業者が悪用2009年7月23日3時2分

●久しぶりにSFCG及びMAGねっとの話題になります。
いわゆるMAGねっとは、生活保護を受給している人に対しても強引に回収をしたという事です。
 実際SFCGの子会社はMAGねっとでもあり、SFCGの大島健伸 元代表取締役の子息が現在の代表を務めているとこも考えれば、SFCGは会社的には破たんしてもMAGねっとの中で生存している
と言っても過言ではないでしょう。
 


 

その後
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。