2009年10月23日

道後温泉水、化粧水に変身…松山

「リプラス」という名前は、不動産業だけでなく、どこにでもある2番出しの名前になりますが、ここ化学メーカーのリプラスは天然の温水を利用したことで話題を呼んでいます。水の分子が細かいということもあり、肌にスーッとしみ込むという特性をいかしたものと言えます。
 


 

その後
posted by 管理人B at 10:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リプラス(その他の業界) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

株式会社ティーシップの株式取得について(レントゴー保証株式会社ニュースリリース)

●レントゴー保証株式会社がニュースリリースを出しました。7月以来久々になります。ちょうどリプラスからレントゴー事業を株式会社デジタルチェックに譲渡されてから1年になります。リプラスは破産して現在も清算中ではありますが、幸いレントゴー事業がしっかりとしていたものであったために、業績の回復も緩やかながら進んでいるようです。資本金も去年は6億円であったものが15億円に増えており、リプラスのマイナス面を背負いながらも順調な推移をしているらいいので、利用者の信頼も大きく得てくるのではないかと思います。
 上場企業ではないので、やたらに企業情報は出せないと思いますが、いいニュースを期待したく思います。

 
 その後

2009年10月21日

アパマンショップ、第三者割当増資と新株予約権発行で約40億円調達 (レントゴー保証他第三者割当)

●アパマンショップホールディングスが第三者割当と新株予約権の発行をおこなったようです。
アパマンショップはタレントの上戸綾をイメージキャラクターにした戦略で、地元密着の不動産会社をフランチャイズ加盟することによって、実績を上げている不動産会社です。各店舗では「アパマンショップ」という看板を掲げているネットワークが強い部分と地元の不動産会社に強い独自の物件情報やその仲介がたやすく行える点にあるといえます。

 ところで、他に注目すべき点は、その第三者割当に筆頭されている先が「レントゴー保証株式会社」となっていることです。今まであまり大きなニュースもなかったのでこういった話もでてくる部分は、実力もつけてきているということになるのかと思います。リプラスによる影はあるものの、「手堅い」賃貸保証のインフラはそれでも健全に残っていたということもいえるのかもしれません。
 その後
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。