2009年10月08日

アパート賃貸更新料の無効判断で不動産業者らの評価分かれる=ネクストが調査

アパートの更新料は不動産会社により様々です。まったく更新料が取られない物件、家賃の0.5か月分、家賃の1カ月分、家賃の1.5か月分、家賃の1.5か月分と更新手数料が0.5か月など様々です。
更新料を取る理由はやはり管理会社・家主の収入になるからです。現実問題として、アパート経営などでは、管理費用などが家賃だけで賄えないことも少なくないため、共益費
やその他の礼金などでなんとかしのいでいるという現状も見逃せません。相場より著しく高い更新料はやはり違法ですが、上記の0.5か月分の更新料は必要という見方も少なくありません。

 その後


posted by 管理人B at 20:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃借人・不動産所有(持家)関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。