2009年10月20日

逮捕前に事実上の拘束、「帰宅させた」とウソ報告…大阪府警 (滞納家賃保証会社の社員が遺体を発見)

●この記事を取り上げた趣旨は警察官の取り調べの問題というよりは、家賃滞納の保証会社の従業員が滞納している賃貸物件をたずねたところ、死体となって発見したということによります。
 家賃を滞納している人の属性として多いのは、警察に勾留されてしまい家賃を払えなくなった・独り暮らしの高齢者が居室でなくなっていた ということも少なくないようです。
  特に独り暮らしの高齢者の異変にきずくことはかなり遅くなってしい、皮肉にも「家賃滞納」を重ね、連絡がとれなくなったということで、保証会社の社員が安否を確認するということで発覚することも
少なくありません。

 その後


posted by 管理人B at 12:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸保証・滞納家賃保証業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。