2009年12月18日

雇用保険の対象拡大=パートら255万人−厚労省改正案

● 雇用保険の対象が特に「非正規雇用」と言われるパートタイマーや派遣労働者を中心に拡大される模様です。かつて、「好景気」と言われた時代には、パートや派遣労働者という身分は、正社員という一つの会社に骨をうずめたくないという考え方や、企業も正社員に最も負担するといわれる「社会保険」をかけないで済む事も可能という目論見が一致し、「日雇い派遣」という労働スタイルも登場してきました。しかし、現在となっては、その「日雇い派遣」は本来の目的とは違い、正社員になれないので、このような労働スタイルで我慢しているという状況になってきています。民主党が与党での政策には公共事業やその他「未来に向かって」という大きな設備投資の政策がないものなので、今後の景気の回復策に多くの人が疑問を持っている部分もあります。
 雇用保険の改善はあくまでも一時的な回復しかならないのですが、不安はまだ隠しきれません。

 
その後


広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。