2010年01月23日

流山都民:急増 TX開業4年半、市人口1万人増える /千葉

●茨城県に近い千葉県北部に「流山市」(ながれやまし)という千葉県の市があります。ここは交通の便にしてもかなり不便なところで、JR武蔵野線の「南流山」(みなみながれやま)と(JR南流山駅)が鉄道ではメインの交通機関になっていました。その他と言えばやはりバスの便がメインとなるところです。東京にはかなり近いものの鉄道の便が悪いので、東京にかなり近い「田舎」と揶揄されていた部分もあります。そこに約4年半前の2005年の夏につくばエクスプレスが開業し、駅も南流山をはじめ3つ設置されたため、「非常に便利のよい土地」となり、大幅に人口が増えました。当然不動産業者にとっては見逃せない情報であることは言うまでもありません。
 今非常に不景気の時代ですが、こういった、鉄道の開通によって必然的な都市開発に至るのは非常に重要な要因をしめることになっています。新政権の民主党も今は公共事業に非常に後ろ向きな政策をとっていますが、やはり景気の回復には公共投資は必要なのでもういちどこういったことを自覚することがたいせつではないでしょうか。


 

その後


2010年01月22日

マザーズのネクスト(2120)の株価は9時28分現在、3,500円高の113,500円。

● ネクストは不動産情報の専門サイトです。たとえば「不動産」や「アパート」をキーワードに検索して、サイトにたどりつくようにして、さらに自分の希望の条件を入力して、理想の物件にたどりついたら、その物件を出向している不動産業者に直接連絡するというやり方です。他に同業者としてはat home などもあり、この他となると、実際に仲介しているところのなどのサイトとなります。しかし、「地元」に密着した不動産会社としては、この「専門サイト」の依頼により大きく取引を成就している部分があり、今後もますます費用対効果で採用する方向へむかっていくのではないかと思います。
 ところで、リーマンショック以降不動産業の倒産があいついでいるところですが、ここ最近は沈静化しているような状態です。しかし、不動産情報の専門サイトは
コスト削減ということも大きくつながっているため、増収という状況となっています。
 どの企業・業界でも今は「低コスト」「低価格」を主体としているようなところが、勝ち組に入っているような状態であるため、不況下の中今後もこのような勢力はかなり長い間つづくのではないかと思います。
 

 
 その後
posted by 管理人B at 21:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃借人・不動産所有(持家)関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

【日本の議論】「公設派遣村」は有効だったか? その内実は…

こちらのまとめでは、官製派遣村の内容とその反省点が述べられています。特に失態と言われているのは、2万円を一括支給(就職活動費と毎日の昼食代)したのはいいものの、そのまま戻ってこずに行方をくらましてしまった。という点と、総費用が当初の見積もりでは6千万円が1億数1千万円までのぼってしまったということです。
 このような失敗は当然ながらつきものなので、次回?行うときは、今回の点を省みて、よりよい「派遣村」にしていけばよいのではないかと思います。当然不況下であるからいくら努力しても職にありつけない人は決してすくなくありません。そういうことを考えてみれば「派遣村」を行うのは憲法に保証された、「人間として最低限の生活」を補強するものと必然的になることでしょう。



広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。