2010年01月19日

日航、会社更生法を申請 再生機構が支援を決定2010年1月19日20時34分

●予定通り日本航空が会社更生法の適用申請をして経営破綻という形をとりました。約2兆円という負債額は、事業史上では初のものになるとの事です。通常の会社更生法は「倒産」ということになるのですが、ここでは政府や企業再生支援機構などが予めバックアップしている形となっているので、「破産」のような清算には至らない模様です。この「法的整理」の最大の目的は、債務(借金)の大幅な減額、現役OB社員の年金の減額と人員削減ということになります。これが企業再生ADRのようなものでしたら、これらの削減は達成不可能ということになるからです。
 しかし、いろいろな詳細を見てみると、明らかに国が赤字や採算がとれないにも関わらず、空港発着の利用や公務員の天下りなど、どうみても企業としては利益が出ない体質であることは間違いありません。時代の流れがここに来たという声はあまり聞こえず、同業者の全日空と比べると「民間企業」という考え方は程遠かったのかもしれません。
その後


広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。