2010年01月30日

家賃滞納データベース1日運用開始 日弁連など反対の中2010年1月30日16時33分

●いよいよ、平成22年2月1日の家賃滞納に関するデータベースの運用が開始されます。この最も大きな趣旨は、家賃滞納による管理会社・家主の損失を抑える事を目的としたためで、これによりおそらく、事故率は低くなることは間違いないでしょう。その上今まで家賃保証を行うことができなかった管理会社も参入することもあるでしょう。
 しかし、問題となるのは、家主や管理会社において、本来社会的に助けてあげなくてはならない低所得者などに対して非常に厳しい対応と必然的になってしまうのは必至です。
 当然家賃保証会社ではそれに反対する企業がいるわけですので、その一つとしてレントゴー保証株式会社が率いる社団法人賃貸保証機構があるという結果となっています。






その後


posted by 管理人B at 19:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸保証・滞納家賃保証業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。