2010年06月07日

顔の障害等級で男女差は「違憲」…広がる波紋

よく不動産所得は「不労所得」と世間では言われており、サラリーマンがリタイアする一つの目標とされていますが、実際に不動産所得は
見えない苦労や細かい労務などはつきものなのが実情です。実際に大家さんをする場合は、当然家賃の回収や物件の管理をしていかなければならないので、その分の労務はつきものです。
 またそれが不動産会社となれば、当然一般の企業と同じ労務となります。そこでは業務の内容によっては「怪我」の可能性も充分にあります。業務で怪我となれば、労働災害(労災)となり、その保険が怪我や休業となった場合の補償をしてくれます。業務外で遭遇した事について補償する健康保険より厚く補償されているのが、労災保険の特徴です。

 今まで顔の怪我について男女の差別が続いていたのは、驚く事ばかりです。実際女性の方が男性より顔の怪我による影響は大きいのも事実ですが、それは、ある面では特に差別となるということです。それだけ、「男女平等」という考え方が根付いて来たのかもしれません。
 
 
 


 

その後


広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。