2010年08月27日

30億円着服、元公認会計士に懲役10年

●公認会計士は弁護士のように難関といわれる資格です。医師・学校・代議士同様に先生とも呼ばれます。上場企業の決算には必要な存在です。また資金の管理のようなことを行うから、会社への信頼を損ねるどころか横領となれば当然重い刑がなされます。
不動産ファンドなどはその資金集めから投資そして、出資者などへの配当などスキーム(仕組み)が複雑になるので、匿名組合といわれるファンドなどは特に悪用されることが少なくないです。
 まだ金融商品取引法には、甘い部分があるので、こういった事件で改善を重ねるしかないこともうかがわれます。


 

 


 

その後
posted by 管理人B at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産事件・犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

生活困窮者の相談会 岐阜で30日、食事の提供も

●ここ数日、日経平均株価が大きく下落し、円対ドルが83円台に突入し、日本経済はまた停滞を余儀なくされそうです。
 さらに与党である民主党の代表選で、市民運動出身の管直人首相の対抗馬にに小沢一郎 元幹事長が出馬することとなり、経済対策よりも政局の株のとり合いが先のようで、今後の
経済対策にはさらに懸念されます。
 どうしても経済が上向きにならないと、こういった生活困窮者が多くなり、税の投入がなされるため、悪循環となります。
また特定非営利活動法人自立生活サポートセンター・もやいの稲葉剛代表や湯浅誠 事務局長のような人が出てきて、少し国会にも目を覚まさせる必要があると思います。
 それにスズキ自動車の鈴木会長もこの政局の停滞にはやはり困惑を隠しきれない様子な場面がテレビで報じられていました。

 
 その後

2010年08月12日

プロデュース粉飾決算事件 前社長の実刑確定へ

●かつてジャスダック上場していて、粉飾決算をここなっていたプロデュース前社長の佐藤英児被告人の上告が退けられ収監されることになります。粉飾決算はよくある話ですが、本来上場できない企業が粉飾により上場したことについて世間の目は非常に厳しくなります。上場企業は投資をする人に対して適時開示を迅速に行っていく義務があります。それでこそ上場企業といえるのです。


その後
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場