2011年01月09日

省庁よ文具は一緒に…蛍光ペンやホチキス半額

●たとえば、一般消費者が消しゴムを文房具店やスーパーマーケットで購入する時は1個90円より3個で180円という事が多いです。また、個人企業では勿論1個ずつ購入するよりは、3個購入する方を選ぶでしょう。さらに1000人位の法人だと、総務部や購買部というところが100個くらいまとめて購入するでしょう。当然コストの事を考えれば売る方も個別に売る人件費が少なくてよいので少量から割り引くでしょう。買う方もそのようなことであれば当然まとめて安く買うでしょう。

 今、自民党と民主党がお互いよい議論というよりは「足の引っ張り合い」が目立ち、国会も空転している状態です。そのため、政治に直接影響する行政省庁は、その振り回されで残業も増えているとのことです。しかし、厚生労働省などは、20時間までの残業とかそういう規制が設けられていて、それを超える分は事実上の「サービス残業」となっている話をよく聞きます。「効率よくやればよい」といわれればそれまでですが、そこで働いている人にとっては、たまったものではありません。
 ましては、「労働時間」を真っ先に守っていかなければならない行政省庁だけにこういった部分を守っていくことも大切かと思います。

 省庁の文具や備品の購入は各省ばらばらではなく、一括しての購入は大歓迎です。そのような発想という事もかつての景気のいい時代では思い浮かばなかったことと思います。
 切り詰める部分は大切ですが、こういった人件費の強固な節約は逆に景気を下げる結果となりますので、やはり
先ほど申し上げたように、自民党と民主党の「引っ張り合い体制」をどう克服するか、これがまず日本がやらなければならないことだと思います。
 民主党はとにかく今与えられたことを着実に行う事、そして自民党・特に総裁の谷垣氏などは、「解散総選挙」などお金や人件費がかかるような私利私欲はもう無しにして、待ったなしの政策を実行しなければ、もう日本は沈没してしまいます。それができなければ、まず合併もしかるべしではないでしょうか。
 そして、合併後の「民主自由民主党」は、お互い足の引っ張り合う議論は、国会外の中で民主派と自民派の「派閥」の中で解決することが、省庁の共同購入よりもずっと経済効果が高いと、考える国民も少なくないかと思います。

 
その後


posted by 管理人B at 17:35| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治・行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。