2011年01月11日

機関投資家が日本株を再評価、1月設定の株式投信が注目集める

●機関投資家(主に保険会社等)が日本の株式をもう一回見直しているとのことです。
 つまり「日本の株は魅力がなかったが、ここ最近格安感が出てきて、安値の極小値に達していると多くの機関投資家はにらんでいる」ということです。
 要は、「安く買って、高く売る」のスタンスを考えれば、今が「買い時」それだけのことだと思います。
「安く買って、高く売る」この体制が短い時間で行われれば、行われるほど、利益が早くえられるということです。個人で株で生活している人は、長期的なスタンスで見るという人は当然多額の資金の絶対的な値上がりを利益とする「大富豪型」と短期的に(極端な話では当日買って翌日に売って利益を得る)その日の値上がり益で設ける「デイトレーダー型」に分かれるかと思いますが、ワールドインベストメント的(全世界の標準的に考える)にいうと、
 こういった投資は「安く買って、高く売る」、そのスパンが短い間であればある程より高い利益が得られるということです。

 このことを第二に考えている投資家はもう一度原点に戻って考えてみてはいかがでしょうか。
 
 
 
その後


posted by 管理人B at 21:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式市場・金融商品市場の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。