2011年07月31日

プロミス、40億円の最終黒字に転換 4〜6月〜過払い金というよりは人件費の削減が功を奏す 2011/7/29 23:20

●武富士(会社更生手続き中)・アイフル・アコム・プロミス・レイクの5本の指に入る消費者金融のうちのひとつの「プロミス」が前年度から翻って「黒字」に転換したとのことです。
 その大きな要因の一つが人件費の大幅削減(希望退職・転職・再就職などのリストラ)の効果とのことです。不動産投資(不動産資産)などの整理も行なったのかもしれませんが、やはり過払い金の他に人件費が大幅にかかっていたのかと思います。

 プロミスは三井住友フィナンシャルグループが資本参加している(いわゆる子会社)会社であるのですので、何かあるときは銀行が何らかのバックアップをとってくれる企業だから、その部分は現在の過払い金債権者にとっては安心材料なのであるかと思います。
 
 消費者金融は本当に生活をしっかりしている人にとっては必要性を感じないのですが、低所得の時代となり非正規雇用社員(派遣社員)などが増えて、一時的に生活資金が必要とされることもしばしば出てきており、それを消費者金融に頼ってしまうという「必要悪」と言われる企業でもあるのかと思います。そのため消費者金融に何千人とも言える従業員を抱えるということも存在し皮肉にも「景気の先導役」の一つともいえます。
 消費者金融に「いい借金」といえるのはあまりないのですが、使うのであれば「計画的に」というしかありません。
 





ニュース元・資料
posted by 管理人B at 15:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 貸金・消費者金融・クレジット業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日のつぶやき

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
刑法ニュースのブログ : 「東大理学部卒」 横浜の高校副校長が学歴詐称/刑法155条公文書偽造等 教員免許状を偽造、停職6カ月に 2011/7/30 11:20 http://lb.to/oalX9n at 07/30 13:32

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『福岡でも武富士創業家を提訴 過払い金賠償求め41人
2011.7.29 16:52』リプラス 情報収集組合|http://re-plus.seesaa.net/article/217473943.html
 at 07/30 11:43

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年07月29日のつぶやき』平成電電  被害者の会 JV|http://sosyo.seesaa.net/article/217424363.html at 07/30 03:53

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年07月29日のつぶやき』東京人脈スクエアブログ|http://tokyojin.seesaa.net/article/217424220.html at 07/30 03:51

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年07月29日の有名つぶやき』平成電電被害者の会 談・投資 戦闘日記|http://heiseidenden.seesaa.net/article/217424218.html at 07/30 03:51

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年07月29日のつぶやき』リプラス 情報収集組合|http://re-plus.seesaa.net/article/217424215.html at 07/30 03:51

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年07月29日のつぶやき』東京人脈スクエアhidebbs|http://tojin2.seesaa.net/article/217424212.html at 07/30 03:51

posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

福岡でも武富士創業家を提訴 過払い金賠償求め41人 2011.7.29 16:52

●福岡県でも武富士の過払いの債権者が武富士創業者一族に対して過払い金請求の提訴をいたしました。こういった「提訴が7人ありました」とかいうニュースが今後各地において起こりそのニュースが流れるのかと思いますが、過払い金債権者が個々に提訴をするというのはコスト的にはとても難しいので、「武富士の責任を追及する全国会議」などに駆け込んで来た人たちをまとめて提訴という方法をとっています。

 最も過払い金の回収が容易で満額付近の回収ができるのは、「倒産」という事態に陥る前で、しかもこういった集団訴訟ではなく、個々が弁護士・司法書士に依頼して、単独交渉する方法がベストなのが過去の例から見た体験談です。
 一方「倒産」となった場合は、法的な囲いや制限を設けられることに際して、多くの人が債権者としてその請求をしてくるので、武富士はもちろんのこと、他の消費者金融(アイフル・プロミス・アコム・レイクなど大手も含めて)こういう事態に陥った時は、やはり「全国会議」のような所に駆け込み、集団訴訟を行うしかないものと思います。個々の弁護士に依頼して戦う事も可能です。しかし、相手側の会社が破綻していれば、回収は困難であるし、その元経営者ということであれば、そのままでは支払いに応じる義務はないので、その立証をもしなければならず、そうなると、個々の弁護士に依頼するのは費用的にも膨大な費用が発生することになり、結局の所手許に戻ってくるものが「費用」で大幅にもっていかれてしまうからです。

 このようなことは不動産投資で失敗(投資していた会社が倒産するなど)した場合も同じ事がいえます。
その他、解雇された人(もう既に再就職や転職をした人も含む)が個別に労働紛争をする分には、その同じような状況の人がいれば、できるだけまとまって戦うのが最も効果的といえます。






ニュース元・資料
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。