2011年07月26日

過払い報酬事件 取り決めメモ押収〜弁護士法違反により逮捕

●武富士への過払い金請求に該当する人は、基本的に、「債権届」というものに記入して、更生管財人の所に「自分で」全て完結して行うことが当然の権利としてできます。何かに被害にあったり、その賠償の請求を行うとき、もしくは裁判を使ってでも行うときは、「自分で行う」のが原則です。そこには「弁護士」とか「司法書士」という法律に携わる業務の人の概念は一切ありません。
 しかし、こういった事だけでも複雑な世の中なので、どうしてもそれを専門に扱う人間が必要になってきます。
それが「弁護士」であり「司法書士」であるといえます。
 過払い金に際して「債権届」を出すという作業は、そんなに難しい事ではないのですが、やはりテレビやビデオの取り扱い説明書を一読して作業に取り掛かるのさえそんなに簡単なことではないのですから、法律が絡んだものとなると当然弁護士・司法書士の必要性が当然となってくるのです。

 しかし、ある程度貸金や過払い金の請求を体験した人なら、同じような事を人にアドバイスしたりすることは容易になります。そこで、こういった人たちが、過払い金債権者の代わりに代行して請求したり、その専門の人を仲介したりすることはできるのですが、そこに「報酬」が絡んでくると、これは「弁護士法違反」ということになります。
  本当はいけないことなのですが、まだ弁護士よりはるかに安い手数料などで行うことができれば、それ自体は違法性を帯びていても「悪質性」というものはないので、公から御咎めされることは少なくなっていくのですが、
今回の場合は、普通に「弁護士」や「司法書士」が行うより、大幅に利益を搾取しているところに、この事件の「悪質性」というものがあります。したがって、当然のことながら「弁護士法違反」ということで逮捕されたということです。

 弁護士や司法書士は、不動産投資や商社のような「物」を売る商売ではなく、人的なサービスを売りにするもののなので、一般の庶民の方の中では、それに対する人件費や報酬という概念が見えずらく、特に弁護士は、企業と同じ「営利企業」と見れず、見かけ上の「公的な聖職者」とみられるばかりに、「どうしてそんなに高いお金を私に請求するの?」と思う依頼者の方もいらっしゃいます。
 その部分が「弁護士」の敷居を高くして近寄りがたい結果となっていたのも事実です。それにひと昔前の弁護士はCM等の「宣伝」が禁止となっており、しかも「法人」としての運営も禁止されていました。

 今は弁護士や司法書士も司法試験制度も変わり、そこそこの難易度はあるものの異業種の人が転職や再就職をして、増えてきている時代となっています。そのため、競争の原理が働き、価格もそれ相応の費用になってきています。
 過払い金の請求は自分でやれる人は行うのも当然よいかもしれませんが、弁護士や司法書士に頼んだ方が、依頼費用は取られてもそれだけ「確実な」仕事をしてくれるし、自分でやる労務やそれに携わる時間での本来従事している仕事時間の損失を考えたら、当然弁護士や司法書士に依頼するほうが結果的には安く済むものと思います。あと、ちゃんとした納得できる依頼費用を支払うためには、自分でも弁護士や司法書士に任せきりではなく、自分でもその司法手続きの内容やその行方はできるだけ把握しておくことも大切です。そうでないと必要ではない以来費用まで取られてしまう可能性もございます。








ニュース元・資料


posted by 管理人B at 13:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 貸金・消費者金融・クレジット業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日のつぶやき

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
2011/07/26/火/20:00〜池袋駅西口居酒屋会合/東人準主催 | http://tojin.269g.net/article/16293408.html at 07/25 21:15

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『“新生”武富士、11月にも営業再開か~結局、過払い金債権者が無くことになる結末なのか』リプラス 情報収集組合|http://re-plus.seesaa.net/article/216638554.html at 07/25 17:19

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年07月24日のつぶやき』平成電電  被害者の会 JV|http://sosyo.seesaa.net/article/216542984.html at 07/25 03:51

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年07月24日のつぶやき』東京人脈スクエアブログ|http://tokyojin.seesaa.net/article/216542757.html at 07/25 03:49

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年07月24日の有名つぶやき』平成電電被害者の会 談・投資 戦闘日記|http://heiseidenden.seesaa.net/article/216542752.html at 07/25 03:49

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年07月24日のつぶやき』リプラス 情報収集組合|http://re-plus.seesaa.net/article/216542749.html at 07/25 03:49

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年07月24日のつぶやき』東京人脈スクエアhidebbs|http://tojin2.seesaa.net/article/216542744.html at 07/25 03:49

posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

“新生”武富士、11月にも営業再開か~結局、過払い金債権者が無くことになる結末なのか

●この更生管財人の再生計画案が通れば、武富士の過去にCMを賑わした映像や、街頭でのティッシュ配りもまた復活するのかもしれません。
 その時の「武富士」は同じ名前を語ってはいるものの、もう過去の「武富士」ではなくなっています。怒りを新生「武富士」にぶつけられる方もいらっしゃるかと思いますが、残念ながらそれはもう「他人」となっています。
 経営陣や転職や再就職されていない雇用されている従業員や更生管財人にとっては「あっぱれ」なことなのですが、債権者(特に過払い金で泣いている債権者)にとっては、悲痛の叫びだと思います。
 過払い金債権者は何もしなければ、このまま極わずかの3%の配当を受け取るしかありません。かつての最高裁の過払い金についての利息の判断も画期的だったのではありますが、こういった、弱いと言える債権者のところにツケが回ってくる法律の制度もいかがなものかというところです。

 武富士が不動産投資分の財産や株式などの現金を集めて、またスポンサーA&Pからの資金が500億でということであっても1兆5000億円は相当な隔たりがあります。

 この脱却策としてはやはりその債権者分の利潤が流れたとされる一族へ請求していくしかないのだと思います。


ニュース元・資料
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。