2011年08月05日

林原メセナは「当面継続」〜不採算事業はやはり撤退が好ましい?

●会社更生手続き中の林原は「メセナ」という林原美術館や類人猿研究センターや恐竜化石発掘調査の事業をやっているところとのことです。その事業にかんしては、あまり収益の出ない事業だそうです。
 美術館なんかは、美術品自体が価値ある資産なので不動産投資同様、この美術品を飾って入場料を取ればそれないの収益はあるのかと思います。類人園研究センターや化石の研究などは「民間の事業」としては、あまりどころか採算が取れない事業なのだと思います。儲かっている時はそれでもイメージのために寄付的な社会貢献としてよかったのかもしれませんが、倒産したスポンサーがそういうものまで引き継ぐのはとても厳しい状況かと思います。長瀬の社長の発言は誰でもが当然行う当然のことです。
 倒産した会社を引き継ぐというのは、負債を大きくかぶることなのですから、引き継ぐという行為だけでもすごいのかと思います。
従業員も転職や再就職をする人はいると思いますが「雇用」の確保をするということで、その部分もかなり力のあることだと思います。






ニュース元・資料


倒産危機の安愚楽牧場、女社長の正体は?

●「投資は自己責任」(不動産投資も安愚楽牧場への投資も株なども含めて)が大原則です。だから「投資」という以上投資先に何かあったときはそれに従うのが原則です。
しかし、そのようになった以上、投資先(ここでは安愚楽牧場)になりますが、その経緯や原因などを説明する義務が発生します。その説明がなければ、また仮にあったとしても、投資家は納得いくまで説明を求めたり、独自で調べたりする権利も必然的に発生します。
 だから、「高利回りに出資するのだから、破綻したら、自己責任だから仕方がない。」そういう考え方もありますが、その考え方はそこまでのことになってしまうのです。
それ以降「どうすればよいのか」というのは、考えはないのだとおもいますし、意見があるとすれば「あきらめろ」。それで終わってしまうのが普通の考え方です。

 では、このように「倒産」に至るには急激にこのような悪化した財務状況になることはあまりなく、何ヶ月も前から負債が多い状況もしくは債務超過が続いている状況。そのようなことも少なくありません。企業の経営者は誰でも「倒産」は避けたく思いますので、「倒産」を匂わすような状況は作りたくないのが実情です。「経営悪化」を匂わせてしまうと本来できるようなことも、「信頼」を失っている都合から資金などが逃げていってしまうという現実が発生してしまうのです。
 それに「企業」の大部分は「借金」して成り立っているのも事実です。それが「銀行」であったり、事業者金融・稀ですが武富士やアイフルのような消費者金融であったり、そうでない場合は今回の安愚楽牛のように「直接金融」という手法で事業者自体が直接求める方法をとることがあるのです。「銀行」などの場合は借金なので「返済」を期日までに必ずしなければならないのですが、安愚楽牛の場合は、株式同様に経営が悪化した場合や倒産した場合は、その免責をすることが条件となっていることが多いです。

 こういった安愚楽牧場のような「投資」は上場株式の投資と違い、投資家が常に財務状況を確認して売買出来るわけではないので、運営者が適時状況を開示する必要性が生じてきます。
 今述べてきた事を考えてみるとやはり、このような投資については、運営する側も「都合の良い情報」しか開示しない可能性も少なくないので、実際の経営状況と投資家に報告している状況や世間に公表している経営状況はかなりの乖離がある可能性も多くなってきています。


 つまり、20年以上キッチリやってきたとされる安愚楽牧場も今回の8月1日の事実上の倒産日以前からどこまで遡って、契約や公表とは違う内容となっているかという可能性が生じるということになります。
 損害賠償や訴訟を行えるとしたら、その部分に限られることとなり、実際に満額で予定通り帰ってきたところについては、やり方が怪しくても現実に被害がないのですから、問うことはできません。

 したがって、安愚楽牧場の責任を問う場合は、「契約通りのスキームで行なっていたかどうか、そのことについて嘘を言って契約させていないかどうか」これに限ります。それが明らかになった場合は、出資者にはどちらかの現実を目にすることになります。ひとつは、契約に嘘があったばいは、東電の補償もそれなりの減額される可能性があること、嘘もなく経営がしっかりしていた場合は、安愚楽牧場に責任を問うことはできないが東電からの補償が期待できること。通常の訴訟や被害回復とは少し違う「ねじれ」がそこに生じます。





ニュース元・資料

2011年08月04日のつぶやき

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『無資格弁護士 過払い金訴訟で言い値〜本当の過払い金の報酬相場は「一般に2割、指針でも最高25%」』リプラス 情報収集組合|http://re-plus.seesaa.net/article/218323661.html at 08/04 18:18

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『林原:長瀬産業が再建支援 700億円で買収契約』リプラス 情報収集組合|http://re-plus.seesaa.net/article/218276597.html at 08/04 12:01

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年08月03日のつぶやき』平成電電  被害者の会 JV|http://sosyo.seesaa.net/article/218220983.html at 08/04 03:54

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年08月03日のつぶやき』東京人脈スクエアブログ|http://tokyojin.seesaa.net/article/218220863.html at 08/04 03:52

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年08月03日の有名つぶやき』平成電電被害者の会 談・投資 戦闘日記|http://heiseidenden.seesaa.net/article/218220861.html at 08/04 03:52

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年08月03日のつぶやき』リプラス 情報収集組合|http://re-plus.seesaa.net/article/218220858.html at 08/04 03:52

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年08月03日のつぶやき』東京人脈スクエアhidebbs|http://tojin2.seesaa.net/article/218220857.html at 08/04 03:52

posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。