2011年08月19日

返済求め、会員から怒号=東京でも債権者説明会―安愚楽牧場〜安愚楽牧場被害は詐欺の可能性?やはり破産でしょう。

●先日8月17日神戸で同様に行われた安愚楽牧場の債権者説明会が本日8月19日東京でも行われました。
内容としては神戸で行なったことと東京で行なったことは同じなのだと思うのですが、どちらも具体的な説明がなかったということです。
 詐欺だという声も多く聞こえるのですが、個別の出資(出資月毎の財務諸表)を見て、お金の流れをトレースしてみないと「詐欺」だと公に言うには厳しいような気がします。
 ただ、負債の額が圧倒的に和牛オーナーの債権者で占めているということとなり、現存する牛の頭数や一頭42万円などの売却価格を勘案してその一人あたりの配分が1割程度となっていまうと、あとの9割ほどのお金はどこにいったのかということになります。原発やその他口蹄疫での毀損分を考えても1割の配当となってしまうのはとても少なすぎるような気がします。
 では、そうなるとその不足分はどこへ消えたとなると、配当を新規の資金などで補う「自転車操業」であったり、三ヶ尻社長や経営陣が個人的に「仮払い」などと称して、破綻直前やそれ以前において、会社の資金をもっていってしまったという勘ぐりでしかないのですが、そういう可能性を感じてしまうのです。

 民事再生の段階では透明度のある経営ではないので、戻りが民事再生も破産もかわらないというのであればもう、破産したほうがいいという結論しかないのだと思います。
 当然破産すれば、経営陣が総退陣して、現在の監督委員(弁護士)が破産管財人に就任し、より透明度の高い公平性のある管財業務となるので、やはり、債権者全員が再検案に否決して、破産に移行するしかないのだと思います。
  民事再生ならもどる額がある程度期待できるが、破産なら全く戻らないという話もあちらこちらで聞こえてきますが、そんなことは全くありません。むしろ「破産」したほうが戻る率が高くなる可能性も充分あります。

 「破産」(破産手続)は事業を閉鎖するための「法的整理」(倒産処理)です。それに隣接する、民事再生や会社更生は会社を立て直す(再生する)ための倒産処理なので、事業を再び正常化するための裁判所が関与したしょりです。

 しかし、ここ数日の債権者説明会の話も総括すると、民事再生法といっても、オーナーの財産である牛を維持するために破産ではなく民事再生法をしながら事業を清算していくという、何かワケありな形での倒産処理をしようとしています。「清算型の民事再生」そんなまどろっこしい方法をとるのなら、「破産」でスパっとやるのがいいに決まっています。
 破産であっても、事業譲渡して、従業員を必要な人だけ残して解雇して、なんだかんだといっても最低5年は優に清算会社として存続します(これだけ大きな倒産処理であれば、存続せざるを得ません)。
 
 つまり、「詐欺だ」「刑事事件だ」という事になるのは、「破産」業務の一貫で発覚することなのだから、民事再生は、経営者側の都合の悪いことの隠避になろうとしているのではないだろうかと勘ぐっています。
 「警察は民事介入すべからず」という言葉もあるように、「民事再生法」であれば都合の悪い、(犯罪の証拠となる)ものは出てこないので、警察は踏み込めません。
 
 破産になるのも時間の問題かもしれませんが、迅速に債権者の残余財産の確保や真実の追及を考えれば、やはり安愚楽牧場被害者の会においても一致団結して、再生計画案を否決に投じて、破産しかないと考えます。その前に裁判所から民事再生の許可は降りず「破産」に移行する可能性もあるかもしれません。

 話によると今回担当している栃木・柳沢法律事務所は倒産処理の得意なところなのだと思いますが、そこが過去にとりあつかったところで平成21年2月23日に東京地裁に民事再生法の適用申請をした過払い金の多数請求の多くで財務内容も悪化した株式会社SFCG(旧 商工ファンド)は裁判所の裁量で破産となった経緯があります。





ニュース元・資料


安愚楽牧場の牛80頭、別々川放牧場で放牧中 苫小牧市、今後の対応に苦慮〜安愚楽牧場被害者の会は、連鎖倒産防止や全債権者の利益を確保するためにも委託農場もやはリ必要

●本日も先日の8月17日に引き続き、安愚楽牧場の債権者説明会(安愚楽牧場オーナーなどが多数)が東京の両国国技館で午前・午後の2回に分けて行われていますが、説明会の内容は、神戸でのものと同じになるのかと思います。しかし、神戸の情報を事前に様々な方法で入手している方もいらっしゃいますので、今回の場合「質問」の内容が神戸で行われなかったとされるものや、この間の配布資料を見てそれを各自なりに解釈した上で臨んでいる債権者もいるのかと思います。
 こういう時に頼りになる(頼りにしたほうがいい)のが安愚楽牧場被害者の会(安愚楽牧場被害者弁護団)といえる弁護士の存在なのだと思います。債権者が個別に戦うのは難しく同じ案件について何人もがバラバラでどっつくのは、対応する安愚楽牧場の人件費コストもバカにならないし、安愚楽関係者(企業側・債権者側)とも無駄が多くなりできるだけの毀損を抑えることが難しくなります。
 今は少しでも出費や余計なコストを抑えて、損失を少しでも少なくすることが誰でもたいせつな事になります。

 さて、今は債権者に占める割合が「和牛オーナー」で大半を占めているので、オーナ-の話題ばかりに特化してしまうのですが、委託農場もそれ同様苦境を強いられています。報道で明らかにされるのは地方地元の新聞が多いのですが、まだまだ多くの農場や仕入先も代金が支払われていないので、牛を維持するとそこからさらに持ち出しが増えその部分も厳しい状況になっています。

 民事再生の再建運営では、この一般債権に相当する委託農場とオーナーの債権が同等に扱われるのかどうか当方では不明ですが、これは同等と考えると、委託農場の破綻に拍車をかけることになるので、債権の占める割合や今後の動向を考えると、委託農場の債権の優先はオーナーより必然的に優先しなければ、オーナー自身の債権の回収にも1割どころかそれ未満となり、支障をきたすおそれが生じます。

 預かっている牛に「出ていってもらう」といっても、牛を勝手にほおり出すわけにもいかないので、その辺りは市としても牛をそのまま譲り受けて他の企業に売却してもいいのではないかと思います。
 
 ちなみに計算1頭1日が180円で1箇月とすると放牧料は1頭1箇月辺り5400円でそれが80頭いるとすると43万2000円となります。









ニュース元・資料

東京商工リサーチ、民事再生法の適用を申請した安愚楽牧場に関する調査結果を発表〜安愚楽牧場オーナー(安愚楽牧場被害者)は関東で特に東京多し、

●東京商工リサーチがまとめた安愚楽牧場についての債権者(オーナー)分布が発表されています。
これによると関東特に東京にオーナーが集中していることがわかります。
 現実問題として、いくつかの(突っ込んだ)報道をみると、やはり現段階の牛の頭数や売却額40万円などと会員数約7万人を想定すると、元本の1割というのが概算した数値のようです。

 おそらくこの数値は民事再生法の適用を申請した時点での数値であるため、法的な整理の倒産とはいえ、企業が動いている間は、牛の餌代をはじめ従業員の賃金など引き続き費用は毎日出ていっています。
 この先未知な部分も多いのですが、早めに事業譲渡を行わなければ、オーナーに帰ってくる費用は勿論のこと、預託農場などについても連鎖倒産が出てくる可能性があります。
 
 この倒産処理で他の企業と違い難しいところは、単なる物ではなく牛という従業員より厄介な商品を抱えていることです。当然従業員というのも企業に従事して自身の生活を支えているものなのですが、解雇してしまえば
従業員はそれなり雇用保険をすぐに貰い、自分の今後の居所をハローワークなどへ行き探すことができます。
 しかし牛には安愚楽牧場が倒産したことを伝えても「馬の耳に念仏」同様「牛の耳に念仏」というのが実情となり、勝手に放して自由に放浪させる訳にもいきません。牛を飼っている限りその世話をする人従業員もセットでつけなければならないので、その部分が現時点の安愚楽牧場の資産を大きく減少させることとなり、現時点で予測されている返還額1割は一層の減算が予測されます。

 この安愚楽牧場の倒産は負債額をみるに国内で今年最大の倒産で栃木県では過去最大の倒産ということなので、同じ規模の倒産を見ても終結するに5年くらいかかっているところも少なくありません。

 そのため牛を早く売らなくてはならないことを考えると、大幅な牛の売却価格のダンピングが予想されます。その安愚楽側の売却価格を維持して売ろうとすると、早期に売れなくなる可能性もあり、牛を長期維持するとその費用で債権者への配当が減らされます。(もちろん牛を途中で殺傷して肉にして売るという手もありますが。)
したがってその推測からするに5%も満たなくなってしまう恐れも充分に考えられます。
 この部分は安愚楽牧場の民事再生申し立て代理人(弁護士)の腕が試される部分がございます。

 

ニュース元・資料

2011年08月18日最新情報

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『安愚楽牧場再生法申請 県弁護士会が弁護団結成へ〜個々に立ち上がる安愚楽牧場被害者の会(安愚楽牧場被害者弁護団) 』リプラス 情報収集組合|http://t.co/qiMCkh0 at 08/18 14:04

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『HideBBS通知』平成電電  被害者の会 JV|http://t.co/z3gNCzh at 08/18 10:25

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『HideBBS通知』東京人脈スクエアhidebbs|http://t.co/cYBT3h6 at 08/18 10:25

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『県弁護団が28日説明会 安愚楽牧場、救済依頼手続きなど 栃木〜果たして本当に弁護士自身での「刑事告発」は行なってくれるのか。』リプラス 情報収集組合|http://t.co/zLqrjKJ at 08/18 09:48

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年08月17日のつぶやき』平成電電  被害者の会 JV|http://t.co/kRo2kLG at 08/18 04:35

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年08月17日のつぶやき』東京人脈スクエアブログ|http://t.co/98ngdS1 at 08/18 04:33

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年08月17日の有名つぶやき』平成電電被害者の会 談・投資 戦闘日記|http://t.co/CiAKSNv at 08/18 04:33

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年08月17日最新情報』リプラス 情報収集組合|http://t.co/UotRWtF at 08/18 04:33

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2011年08月17日のつぶやき』東京人脈スクエアhidebbs|http://t.co/LGIJeKl at 08/18 04:32

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『実態はヤミ金…カード現金化商法、規制は困難〜弁護士・司法書士依頼での過払い金請求も当然できず』リプラス 情報収集組合|http://t.co/FcfQtvi at 08/18 02:39

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『HideBBS通知』平成電電  被害者の会 JV|http://t.co/XteiMFf at 08/18 02:08

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『HideBBS通知』東京人脈スクエアhidebbs|http://t.co/Xm5D6iZ at 08/18 02:08

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
2011年08月17日の東京人脈行事速報版 | http://t.co/Ww6iyXY at 08/18 00:06
posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。