2011年11月30日

ニューズ・ポリマーが自己破産〜東京地裁

工業用のゴム製品を製造しているニューズ・ポリマー(東京都足立区)が11月25日に東京地方裁判所へ自己破産の申請をした模様。負債額は約5億円。
 原因としては、売上減が大きく響いた模様です。建設業が続々と倒産や業績不振となれば、その部品となる工業用ゴムなどの需要も減るため利益等に響き、設備投資金の回収や人件費の抑制ができなかったり、さらには、原材料が高騰ともなれば、厳しい経営を強いられるということになります。
 




ニュース元・資料
posted by 管理人B at 19:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライブドア株主の損害認定額を増額 株主側「画期的判決」 〜1株基準が200円から550円に増額/東京高裁

 ライブドア株主の損害賠償請求訴訟の控訴審の判決が東京高裁でありました。
ここでの注目すべき点は「賠償の基準となる株価」ということであり、
 1審の東京地裁では、200円とう事になり
 2審の東京高裁では、増額して550円 という事になりました。

 一審では3300人が訴訟に臨み、原告勝訴の判決ではありますが1株200円を基準とした判決。
 それに不満は1750人(約半数の原告)が控訴したけど、そのうちの1530人(控訴した中の約87%)が途中で、
和解に臨んで妥協(当然200円よりは多い価格での妥協)、
 それでも妥協を許さなかった残りの220人がそのまま判決まで突っ走った結果、なんと判決は1株550円と大きく前進。この価格が控訴審の判決までのこった株主にとっては「ほぼ満額」という事です。

 普通株主の投資に関する訴訟はここまで来るとう例は少ないです。
この勝訴となった部分で言えるのは、ライブドアが上場している(つまり細かな証拠が証券取引市場で刻々と刻まれている)ということがポイントだと思います。
 
 これが非公開株・匿名組合などの投資であれば、なかなか資金の流れや株価の価値が決めずらいので、「株価チャートとそれに対応する事件」の組み合わせが訴訟をやりやすくなっているのではないかと思います。

 幸い「ライブドア」は清算手続きというところなので気になるところです。かなり重たい賠償ではありますが、220人に12億円をはじめとする賠償が現実に回収できるかどうかが気になります。。
 当然判決迄となった人は「年5%の民事法定利息」も別途請求しているのかと思います。
 






ニュース元・資料

アメリカン航空が倒産 運航は継続〜日本の民事再生手続き相当の米連邦破産法11条の適用を申請

アメリカで大手の航空会社「アメリカン航空」がニューヨーク州の連邦破産裁判所へ米連邦破産法11条の適用を申請して倒産という発表をしたとのことです。
 米連邦破産法11条は、日本では「民事再生法」に相当するようなものなので、「今後も業務を続けますが、債務の弁済を一部免除してくれ」という事になります。
 内容からして、競争激化の末格安航空会社に客をもっていかれて売り上げが大幅に落ちたことが原因と読めます。
 アメリカは日本と違い、使用者(経営者)と労働者の賃金等の格差が大きいので、使用者の賃金を大幅に削ったり、辞任することで大きく持ち直すことと思います。
 その上で、サービス(もちろん過剰なサービスも)を減らしていくという事になるのでしょう。
 しかし、アメリカの国全体の経済が大きく落ち込んで来ているので、果たして今後航空業界だけでなく、こういったことが他の業界でも飛び火してもおかしくない状態です。

  負債総額は300億ドルなので、日本円で2兆4000億円(1ドル=80円で計算)となります。
日本航空以上の巨額な倒産です。ですから関連しているなんらかの連鎖倒産も避けられないかもしれません。




ニュース元・資料
posted by 管理人B at 12:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。