2011年12月22日

HideBBS通知

http://hidebbs.net/bbs/tojinji
2011/12/29/木/19:45〜2h小山駅居酒屋交流会/社会人サークル部門 東人事務局会合案内
こんばんは、今日はお勤め先の忘年会が多い日で居酒屋も込み合っているかと思います。明日12/23金/の高崎会合はまだ受け付けていますが、男性が少ないため、男性のみ参加可能とさせていただいています。また、12/25日の大宮会合は居酒屋閑散日に該当するので、座席にゆとりが多くあります。またディスカウントサービスデ?のため、ワンランク上の飲み放題3時間コースとなります(料金は従来と替わりありません)。当日お友達連れで飛入りでも受け付けております(できる限り事前ご連絡いただけると助かります)、さて一部送れていませんでしたが、栃木県(小山駅居酒屋会合)のご案内になります。


●2011/12/29/木/19:45〜2h小山駅居酒屋交流会/社会人サークル部門
※遅刻も可能ですが大幅な遅刻の場合、予めその旨のご連絡をお願いします。
●場所;語らい処「坐・和民」 小山東口店内に集合
●住所,集合場所:栃木県小山市駅東通り1-6-7 第二青木ビル1・2・3F  0285-20-0621
 ※小山駅東口からすぐそばのところです。「坐・和民」の向かい(駅側)にコンビニエンスストア「ローソン」その向かいには「白鴎大学」その向こうに「ヤマダ電機」・「イトーヨーカドー」がございます。
★予約名「ナカハラ」。座席を案内してもらってください。
●基準参加費用;男性4,000円 女性2,700円


(上記が基本です。下記留意事項をご覧下さい。)
※個別の飲食量により金額が個別に増加することがございます。
※本企画は「当会準主催」のため入会金・年会費等は不要。必要事項のお届けのみで誰でも参加可能。またお友達連れでの参加(お届け個人情報は不要)も可能です。(当会主催・準主催の場合は年会費等は不要。当会共催・提携など当会以外主催の場合は正規会員のみ参加可能。それに限り入会手続・年会費等が必要です。
●定員10名程度又は店舗で満席の旨の通知時点で早期締切です。
●人数・天候・災害等により主催者の判断で中止となることがございます。その場合はメールでご連絡いたします。必ず受け取れるようにお願いします。
●申込期限(当HPで締切表示が出るまで参加可能です)
●お伝えする事項は次の通りです。下記HP等本メール返信等によりお申込み下さい。(お届けいただいた情報は当会の運営以外に使用いたしません)
「氏名・ふりがな・性別・〒・最寄駅・電話等連絡先・freeml登録アドレス(ある場合)、携帯電話用メールアドレス」
※上記のお届け事項に不備がある場合は参加を見合わせていただきます。折り返し確認のお電話をご連絡を差し上げることがございます。
(例)佐藤孝・さとうたかし・男・〒330-0834・さいたま新都心駅・ 090-4683-2456・takasato@henri.ne.jp ・sato2001takapon@docomo.ne.jp
●お申込みは
http://tojin.nukimi.com
 からでも承っています。あとからHP作成の可能性もございます。総合連絡・若しくは該当案内より、標題を「12/29 小山参加」などと記載されてください。(サイトによっては自動挿入のものもございます。)

【特典とキャンセル】⇒座席確保や安価な企画を保つためご協力をお願いします。
●参加表明特典〜実施期日10日前100円減、3日前以降は100円増・(可能な場合の)前日200円増、当日正午迄は300円増、当日午後は500円増。
●お友達連れ特典〜1名の場合は、あなたとお友達双方に100円引き、2名の場合は、あなたとお友達各2名に各々200円引。
●同月内複数企画参加割〜同じ月に2回以上の参加は、2回は2回目の参加に200円引き、3回の参加は3回目に400円引きになります。
●途中参加割〜事前の申出に限り開始から1時間経過の参加は、男性1000円減、女性700円減です。(既参加表明者の3日前以降の適用変更不可。新規に参加を申し込まれる場合はいつでも適用可。)



※止むを得ない事情でのキャンセルは、必ずご連絡下さい、連絡有の場合は、3日前0時以降は参加費用の1/4,前日0時以降は1/3,当日0時以降は半額、無連絡は全額負担となります。その場合後日指定口座にお振り込みをお願いします(振込料はご負担下さい)

 例;特典とキャンセルの日程の考え方〜2011年9月での例)9/24日(土)が開催日とすると14日(水)午前0時が10日前、21日(水)午前0時が3日前、23日(金)午前0時以降のその日が前日、24日午前0時以降午前中が当日午前、24日正午以降が午後となります。

その他の企画


2011/12/23/金/19:00/高崎駅居酒屋会合/ (案内済)
2011/12/25/日/19:00/大宮駅東口居酒屋会合  (案内済)
2011/12/27/火/20:00/池袋(都区内)居酒屋会合/(案内済)
2011/12/29/木/19:45/小山駅居酒屋会合/ (本案内)

※終了2011/12/17/土/**:**/千葉居酒屋交流会(提携〜要正規会員)
※終了2011/12/18/日/19:00/新松戸駅前居酒屋会合/(案内済)


2011/12〜2012/01/**/*/**/東人人間関係スキルアップ講座/埼玉県春日部市(東人主催・計画中)
2012/01/**/*/茨城県会合(東人準主催・予定計画中)

※その他東人正規会員用・婚活支部登録会員用は別途のご案内となります。
当案内は「社会人サークル部門」の東京人脈スクエアになります。(飲み会サークル・野外活動サークル系列)

 他の特別組織や被災被害部門・婚活部門は別扱いになります。
※東京人脈スクエアPC携帯版ホームページ 
http://tojin.nukimi.com
(こちらからでも参加申し込みを受け付けています。HPが不具合で日程の表示のみとなっていますが、この案内で充分通用します。HP下部の総合連絡メールからご連絡お願いします。)
(以上)

////////////
hideBBS
http://hidebbs.net/


大王製紙前会長、保釈へ 保証金3億円、即日納付〜どこから3億円も出てきたのだろう。本人自身も自己破産するつもりなのか?

会社の金を使い込んでしまった大王製紙前会長井川意高被告人の保釈を認めるという決定が下りた模様。約1か月間の勾留をされたということ。つまり起訴前の逮捕勾留の最大が23日間であるから起訴された後に、保釈されたという考えなのかもしれません。多くの従業員が働いたお金がこういったところに安易に使われてしまうのは、納得いかないし、許されるものではないから、早く返済ができるように努力すべきです。
 でも3億円という金額はどこから出てきたのか気になるところです。だれかが貸してくれたのか、親類が出してくれたのかその部分は分からないところです。





ニュース元・資料
posted by 管理人B at 17:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 背任・特別背任・業務妨害等事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎県委託業務で売上着服の業者(光愃商事)、破産手続き開始

光愃商事有限会社は、長崎浜屋店内において「浜屋プレイガイド」として事業を営んでいるチケットショップです。(浜屋百貨店とは関係がないということです。)そのチケットショップが、長崎県交通局の委託を受けてバスなどのICカードの販売を行っていたということですが、その売上金のうち、約4500円を横領(着服)していたということです。

 その会社が、当初は長崎県にしっかりと全額返済を分割してでも行うという予定だったので、返済を優先させるために刑事告訴を行わないという事だったのですが、県民からの抗議で「刑事告訴」をしたということです。
 その告訴の方針をうけたため、経営がこれ以上できないと光愃商事有限会社自身が判断し、12月21日になって、負債がおおくなったために「破産」となったということです。
 当然破産になったから、会社に返済は求めることはできませんが、経営者個人や連帯保証人には求めることができます。しかし、会社自体は個人の営業のようなものですから、経営者個人も破産することになります。(なっているのかもしれませんが)。ただ、その担保として物的担保(不動産)を入れているので、それも視野に入れて残りを連帯保証人に負担を求めるという形になるのでしょうか。
 
 結局この会社がこうなってしまったのは、チケットショップ全体が上手く回らなかった(つまりこういうものは売り上げは大きくても薄利多売であるため)ので、長崎県委託分の売上を運転資金に回してしまったところからこういう事がはじまったのではないかと思います。
 こういう業界は、資金をきっちり分けないと、色々な売り上げをごっちゃにしてしまい、資金繰りの区別を付けずらくなってしまうということが挙げられます。特にチケットショップは売り上げの管理にはかなり時間は割かれますが、まずは売り上げの管理をしっかりやることが大切です。








ニュース元・資料
posted by 管理人B at 13:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安愚楽牧場社長(三ヶ尻久美子 氏)が東京地裁へ自己破産 負債2億円〜今後の対抗策は、「破産債権届」が重要ポイント。



 いずれは、こうなるのが分かっていたことですが、安愚楽牧場の元代表の三ヶ尻久美子社長が自己破産を申請(東京地裁)して、破産手続き開始決定が12月21日になされたということです。負債総額は約2億円ということです。
 
 色々な観点からみると、これはどういうことなのかというと、三ヶ尻久美子社長は、恐らく金融機関などから個人としての保証人などになっていたりして、その返済をもとめられていたということです。そして、それが返済できないということで自ら破産の申し立てをしたということです。その負債(三ヶ尻社長が負債と認識して、裁判所が現時点で一応認めた額)が約2億円ということです。
 つまり三ヶ尻久美子社長の現在の個人資産といえるものは2億円も無いということです。

 今お伝えしたように、これは、三ヶ尻久美子社長個人が債務(借金やその保証額)を認識している額であるから、その債権者は金融機関のみということになり、和牛オーナーについては、一切関知していません。

 本来の筋であれば、法人である破産者株式会社安愚楽牧場の破産管財人の渡邉顕弁護士が財務内容の精査の結果三ヶ尻久美子社長などに資金が流失して戻っていないものや「損害賠償請求権の査定」という旧経営陣などが安愚楽牧場に損害を与えたと見られる金額を請求し、裁判所がそれを認めたものの支払いが困難だから、破産者株式会社安愚楽牧場の破産管財人の渡邉顕弁護士が破産の申し立てをして破産という流れを主な視野に入れていました。
 しかし、三ヶ尻久美子氏には少数の金融債務者であることを利用してなのか、自ら破産を申し立てて、逃避するということになったのかと思います。

 被害者弁護団の方でも三ヶ尻久美子元社長への破産の申し立てをしたということですが、仮に債権者破産を申し立てて、自らも自己破産を申し立てた場合はやはり自己破産の方が優先されてしまうかと思います。それに、三ヶ尻久美子氏と安愚楽牧場和牛オーナーとの間では、見た目では、債権や債務の存在が無いわけなので、それを立証していかなければならないのが第一の条件となります。それは個人への損害賠償請求訴訟を意味することなので、結局のところそれを実現するためには、最低でも破産管財人の財務内容の精査が第1回債権者集会(翌年の2012年5月30日)までに終えて、そこから賠償請求のアクションを掛けられるということになります。さらに刑事事件としてのステージに乗っかれば、その公判での証拠を引用しての賠償請求訴訟ともなるので、結局は債権債務がはっきりしている金融債権者が債権者破産のようにするのか、三ヶ尻久美子氏が自ら破産を申請するのか、そして安愚楽牧場の破産管財人が財務内容の精査後に破産の申し立てをするかということの3つの選択肢になるかと思います。今回はその結果「三ヶ尻久美子氏自ら」の破産へとなったわけです。


 今後オーナーはどうすれば、いいかというと、今回の法人である安愚楽牧場の債権届(再生債権届でしたが)と同じように、「破産者三ヶ尻久美子」に対する破産債権届を出すことがせめてもの対応策となります。
 被害者弁護団(安愚楽牧場被害対策弁護団)に委任されている場合は、その指示に従えばいいのですが、委任者がおこなうとしても恐らく、破産者三ヶ尻久美子の件についての委任状を弁護団に提出すればよいのかと思います。

 代理人等に委任していない個人としては、東京地裁民事20部に電話をして、破産者三ヶ尻久美子の件を説明すると、恐らくその破産管財人の方へ連絡し直してくださいと指示されるかと思います。
 そうしたら、仕切り直して、破産管財人の所属の事務所へ連絡して、「破産債権届」を請求することになります。
 三ヶ尻久美子氏が個人破産をしているので、訴訟を起こすことはできません。この「破産届」をもって対抗することになります。「破産届出用紙」には必要項目の記入欄しかないので、債権額やその債権項目(売掛金や損害賠償債権)などは自分で記載することになります。(法人の安愚楽牧場の債権届のように向うから印刷された記載はありません)
 そして、提出は、契約書すべてのコピー(モノクロコピーでOKですが、原本は厳禁!)を添付して、送り返すことで債権届は完了です。

 また、法人の破産者安愚楽牧場の渡邉顕管財人も財務内容の精査の結果、旧経営陣の破産者三ヶ尻久美子に対する破産債権届を出す可能性もありますが、「破産会社」として債権届を出すのであって、それとは独立して出すことになります。
 弁護団に委任している人は個人で勝手に出してはいけません。同じ趣旨のものになりますので。

 ただし、認められない可能性もありますし、認められても少額であることや異時廃止(分配する残余財産が無いこと)となることも予想されます。

 



ニュース元・資料

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2011年12月21日

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
社会人サークル・被災被害者支援情報サークル『那須塩原署地域課長を書類送検 少年への暴行・虚偽報告容疑など 停職1ヵ月、辞職へ』リプラス情報収集組合〜不動産投資・倒産…|http://t.co/8juRFzC4 #那須塩原警察署,#特別公務員暴行陵虐,#那須塩原市,#書類送検 at 12/21 23:33

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
自分を疑う 社会人サークルhttp://t.co/ik5v5lmq社会人サークル新松戸駅 癒しの風 at 12/21 18:54

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『HideBBS通知』平成電電  被害者の会 JV|http://t.co/viWzZdfG at 12/21 17:46

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『HideBBS通知』東京人脈スクエアhidebbs|http://t.co/fx4YDcxt at 12/21 17:46

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『HideBBS通知』東京人脈スクエアhidebbs|http://t.co/2xqgfhds at 12/21 16:40

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『HideBBS通知』東京人脈スクエアhidebbs|http://t.co/TrnmWLZ1 at 12/21 16:19

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
社会人サークル・被災被害者支援情報サークル『富士ハウス破産:損賠訴訟 静銀、和解案を拒否 住宅ローン減免嫌い /静岡』リプラス情報収集組合〜不動産投資・倒産…|http://t.co/YtiAICjM #富士ハウス,#破産,#特定調停,#静岡地裁,#静岡地検,#静岡地検浜松支部 at 12/21 12:51

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
2011年12月20日の東京人脈社会人サークル行事速報版 | http://t.co/D0T2hlue at 12/21 00:05
posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。