2012年01月31日

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2012年01月30日

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
私もワンコインで楽しんでいます。 - 埼玉友達工房(友達の作り方・そのもろもろ http://t.co/rvFoz5D6 @sokuhouさんから at 01/30 23:44

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
私もワンコインで楽しんでいます。 - 埼玉友達工房(友達の作り方・そのもろもろ http://t.co/rvFoz5D6 at 01/30 23:43

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
ロクな死に方しない 社会人サークルhttp://t.co/F2Y6Oma5社会人サークル新松戸駅 癒しの風 at 01/30 20:47

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2012年01月29日のつぶやき』平成電電  被害者の会 JV|http://t.co/vTojvtvX at 01/30 04:11

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2012年01月29日のつぶやき』社会人サークル部門(現在実験試作中です)|http://t.co/OCEYsLow at 01/30 04:09

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2012年01月29日の有名つぶやき』平成電電被害者の会 談・投資 戦闘日記|http://t.co/VNVhMHfB at 01/30 04:09

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
社会人サークル・被災被害者支援情報サークル『過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2012年01月29日』リプラス情報収集組合〜不動産投資・倒産…|http://t.co/2vd7IEdd at 01/30 04:09

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2012年01月29日こういうのには気を付けましょう。』東京人脈スクエアhidebbs|http://t.co/SpZDIpHI at 01/30 04:09

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
2012年01月29日の東京人脈社会人サークル行事269g速報版 | http://t.co/0NpZvTh1 at 01/30 00:06
posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

スペイン航空会社スパンエアが経営破綻、資金調達できず〜お客はもう一回料金を払って別の航空会社へなのか?

20120128時事通信_スパンエア唐突に破産view2045463.jpg2012/1/30/時事通信


スペインの航空会社「スパンエア」が資金繰りの悪化に伴い、経営破綻という事になりました。この記事だけではどういった「倒産」つまり破産なのか民事再生なのか裁判所が関わっていないようなことなのかわかりませんが、急に飛行機が「経営の事情」で飛ばなくなったというのは、非常に困ったことです。
 他の航空会社への便に変更ということなのですが、恐らくその変更の費用は利用者がもう一回払わなければならないのが通常の考えと見ています。

 




ニュース元・資料
posted by 管理人B at 19:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米ニューヨークの電池ベンチャーエナ―ル・ワンが破産法(日本の民事再生法に相当)申請 伊藤忠も資本参加

アメリカの電池を製造している「ベンチャー企業」は破産法申請(破産法第11条つまり日本の民事再生法に相当)したということです。
 「ベンチャー」企業というのは、「冒険」という意味となりますが、「急成長」していることが特徴となっています逆に急成長していなくても「ベンチャー」であることは変わりがないのですが「ベンチャー」と世間やマスコミからもてはやされる事はないかと思います。
 そのため、「急成長」の会社は、足腰がしっかりしていないので、資金繰りに何かあったりすれば、直ぐに民事再生法などの倒産リスクを抱えていくことになります

 もちろん、急成長の並にのっかってその向こうにある安定を勝ち取れば、その企業に投資や従事した人は、その後の一応安泰な切符を手にいれたようなものとなります。
 よくお伝えしていますが日本人の大学卒で新卒から定年の60歳まで働きあげた平均というのは3億円と見ていますので、3億円が手許にあれば、贅沢をしなければ日本では一生暮らしていける(年金の不安はあるものの)という事になります。
 ベンチャー企業で成功して経営者とならなくても上級幹部ともなれば5億などの生涯収入は得られるものと思います。
ベンチャー企業は面白い反面、倒産すれば、経営者などの代表は「犯罪者」すれすれの扱いにされるリスクも覚悟しなければなりません。


ニュース元・資料
posted by 管理人B at 17:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。