2012年03月28日

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2012年03月27日

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『HideBBS通知』東京人脈スクエアhidebbs|http://t.co/FjyKrRkg at 03/27 16:10

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『HideBBS通知』平成電電  被害者の会 JV|http://t.co/PnyOgRNt at 03/27 16:10

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『HideBBS通知』平成電電  被害者の会 JV|http://t.co/hBSmZa1t at 03/27 16:02

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『HideBBS通知』東京人脈スクエアhidebbs|http://t.co/X2BvPy1j at 03/27 16:02

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『HideBBS通知』平成電電  被害者の会 JV|http://t.co/GzdhGuXa at 03/27 15:23

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『HideBBS通知』東京人脈スクエアhidebbs|http://t.co/ODs2UIuw at 03/27 15:23

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2012年03月26日のつぶやき』平成電電  被害者の会 JV|http://t.co/wbD9dp5C at 03/27 04:25

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2012年03月26日のつぶやき』社会人サークル部門(現在実験試作中です)|http://t.co/Dcmep4qV at 03/27 04:23

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2012年03月26日の有名つぶやき』平成電電被害者の会 談・投資 戦闘日記|http://t.co/SZrP4MRJ at 03/27 04:23

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
社会人サークル・被災被害者支援情報サークル『過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2012年03月26日』社会人サークルリプラス情報収集組合〜不…|http://t.co/XYf3dC8j at 03/27 04:23

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2012年03月26日こういうのには気を付けましょう。』東京人脈スクエアhidebbs|http://t.co/kcy86WpQ at 03/27 04:23

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
2012年03月26日の社会人サークル東京人脈行事269g速報版 | http://t.co/zyK2YGdi at 03/27 00:06


posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

津山総合食品卸売市場(岡山県津山市)を津山市が破産申し立て 負債総額は約5億7100万円〜「債権者破産」結局は体のいい血税負担なのでは。

津山総合食品卸売市場(岡山県津山市)が経営破綻となりました。「経営破綻」(倒産)というのは、債務の弁済(借金の返済)ができないから倒産というのであって、借りた金がなければ「倒産」ということはありません。
 今回の場合は、倒産となるのですが、長期に渡り市町村税(この場合は岡山県津山市)である「固定資産税」を滞納しているということで、津山市が岡山地裁津山市部に津山総合食品卸売市場の破産申し立てをしました。つまり「債権者破産」ということになります。

 倒産の法的処理(つまり民事再生・会社更生・破産など、裁判所が絡む倒産処理)は、そもそも当事者(債務者)の保護を目的とするので、それにより、直接債務者への「債権回収」ができなくなる事を意味します。

 つまり「津山総合食品卸売市場」はもう倒産なのであるんだけど、「破産申し立て」により強硬さ債権回収から保護されながら、事業を閉鎖(清算)するという事になります。

 今回の場合どういう事が起こったかというと、本来なら「協同組合津山総合卸売市場」が自らの資金をもって「破産の申し立て」(自己破産)をするのが普通なのですが、どうもその金もない(もしかしたら出したくないかも・・)ということで、「自己破産の費用も津山市でお願いね!」と打診されたので、津山市が津山市の血税をもって、「協同組合津山総合卸売市場」の自己破産の資金を捻出した。⇒これが「債権者破産」の実態ということです。

 一見「債権者破産」というのは、外見からはカッコよくみえるのですが、実態をよく考えてみると、債務者が自己資金で破産をせず逃げ回っているから、「債権者の金で破産してくれ」これが、本当の「債権者破産」の姿なのです。

 例えは少し悪いのですが、力士(相撲取り)は、トイレで用(大きい方)をした時に、お尻を拭けない人(平たくいえば、ケツをぬぐえない人)がいます。
 体格的には、かつての「小錦」や「高見山」なんていう大型で体重の多い力士は、付き人にお尻を拭いてもらっているという話をよく聞きます。
 一方、「千代の富士」をはじめ、筋肉質の力士は当然一般の人と同じように自分でお尻を拭いています。
千代の富士のような力士は、会社でいえば健全な営業となり、小錦や高見山は、自分ではできないので、「倒産」という形になります。そして、お尻を拭く付き人にトイレットペーパー現物もしくはお金を渡して、コンビニやドラックストアへトイレットペーパーを買いにいかせること。これが「自己破産」という言い方で、さらに、お金が無いから付き人にお金を立替えてもらい、トイレットペーパーを調達させること。これが「債権者破産」という事になります。

 ですから、結果的に見て、津山市が破産の費用まで血税を使って負担しているというのが本来の姿になります。

 最近、協同組合や第3セクターとか経営がうまく行かなく経営破綻(しかも法的処理の倒産)に行きつくことが多くみられますが、結局最後は、その市区町村や都道府県が血税を使って「債権放棄」などしていることが少なくありません。
 今回の場合は「異例」とも言われていますが、よく考えてみると、地方自治体の「債権放棄」より酷いものになっています。
 

ニュース元・資料
posted by 管理人B at 23:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(公的関連・第3セクター等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

破産手続き中のU.F.O.(アパレル卸業)社長の夫に執行猶予つきの有罪(懲役3年) 巨額詐欺事件 大阪地裁〜結局は「急成長」にあぐらをかいていたつけがまわってきた。

アパレル会社のU・F・O(破産手続き中)の刑事事件で、元社長(経営者)の夫が詐欺をほう助したということで、大阪地検特捜部からの扱いで起訴された事件です。
 このUFOに関する刑事事件は2つあり、
一つはこの虚偽の船荷量の書類から銀行融資を引出し、結局は「返済できなかった」ということの詐欺。
もうひとつは、民事再生手続き(この破産になる前)において、監督委員(現破産管財人)に対して、嘘の在庫を申告した、民事再生法違反。

 以上の2つの事件が刑事事件として持ち上がっています。
 
 結局この事件は何が言いたいのかというと、この会社は経営者(女社長)の中国でのビジネスがあたり「急成長」したわけですが、それ以上何の「足固め」をしていなかったようです。そしてその「急成長」に頼りっぱなしだったため、何かちょっとした「不測の事態」が発生する事によって、「ガク」っと「後退」にさしかかり、結局は今までの栄光で先の安直な予想や推測を描いていたため、現状に嘘をついて、融資を引き出したり、経営実態を隠したりして、表の話と実態が伴わっていない状態となりました。
 それが多くの「債権者」を欺く結果となり、ついに民事再生でも嘘をつき、破産にいたったということです。
 つまり「一攫千金」で喜んでしまった。そんなことがこの事件には言えるものといえます。

 経営は常に風向きが変わります。順風満杯と思っていても何かの天地異変などにより、急激な経営悪化となることも少なくありません。特に「急成長」で乗っかってきたところは、その「急反落」もあるという背反の関係を持っています。
  

 





ニュース元・資料
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。