2012年03月16日

新潟地裁、初の起訴相当で無罪〜つまり、検察審査会で「起訴相当」で検察が起訴したものが無罪という事が「初」

この間の検察審査会での強制起訴の初めての判決でかつそれが「無罪」というニュースが那覇地裁であったばかりなおですが、今回の記事では、何が「初」なのかわかりずらい記事ですが、一体それがどういう意味を示しているのかわかりませんでした。

 つまり、今回の「初」は検察が不起訴にして、その後検察審査会では「起訴相当」の議決をされたため、その謄本を「新潟地検の検事正が」見て、再考したところ、「よし、やっぱ起訴だ!」という事となり、起訴したということです。
 そして、その事件が死亡事件などの重罪にあたるため、「裁判員裁判」の事件となり、その判決では「無罪」となったことから、
 検察審査会で起訴相当の議決でかつ、裁判員裁判で無罪になったことが史上初ということです。

 色々なケースの「初」がありますので細かく見ていかなければわかりずらいです。

 ちなみに「強制起訴」(検察審査会の起訴相当の議決が2回で)指定弁護士による公判維持で無罪になった時は、だれがその部分の責任を取るのか不明ですが、今回の場合は、「検察」が起訴したため、控訴せずに、その判決が確定した場合は、責任は「検察」にあると言えます。

 こういった「刑事被告人」に立たされるという事は、非常に厳しい境地にたたされるため「有罪」になれば、それでオンの字なのですが、「無罪」(確定)となった時、その被告人の人生は例え短い時間であっても、それを償っていかなければなりません。
 そのようなことなので「検察」の機能はとても重要だと言えます。逆に昨日の「中国漁船船長」の事件では「検察」が逆にしり込みしてしまったため、また「検察審査会」の機能も「素人判断」とは言え、重要な役割を果たしているのかと思います。






ニュース元・資料


posted by 管理人B at 20:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本振興銀行・木村剛元会長に有罪判決 検査妨害事件で東京地裁〜「俺、何もやってないよな?」は起訴前の言い訳にすぎなかった。

日本振興銀行(民事再生手続き中)の どん(創業者)とも言われ元会長の木村剛被告人の判決が東京地裁で言い渡された増した。本人は起訴事実を認めていることなどもあり、執行猶予付の判決となりました。
 元々木村剛元会長も、理想は非常に高く、同じ志をもつSFCG(破産)(旧称商工ファンド)の大島健伸元会長などとの連携もありましたが、「中小企業」という非常にリスクに勝つことはできなかったということが現状です。
 同類の「新銀行東京」においては、東京都の傘下にはありますが、こちらもやはり日本振興銀行と同じで本来ならニッチもいかず同じ目にあっているのかとおもいますが、公的機関の主導の違いだけがあるだけです。
 


ニュース元・資料

三光汽船、再び苦境 事業再生制度(私的整理・倒産処理) 申請し受理〜単独再建よりは、異業種のスポンサー支援の方が無難。

三光汽船の私的整理(「事業再生ADR」)が第三者機関(⇔法的整理だと「裁判所」)に受理されたもようです。
この私的整理の目的は借金を「大幅に待ってくれ」もしくは「棒引きしてくれ」というものなので、当然「倒産処理」と同じシステムです。
 しかし、世間では、裁判所を介さないので「会社が潰れる」というイメージは少ないようです。
逆に「民事再生法」もその次の段階となる法的な倒産手続きなのですが、こちらの方は裁判所が絡むゆえに「会社が潰れる」というイメージは庶民感覚で多々あるようです。

 今後、焦点があたるのは、この事業が果たして、有望なのか、有望でなくてもかつてのように耐えていけるのかということになります。従って、三光汽船を支援してくれる「スポンサー」が現れなければ結局のところ、「船一本」で行くのはとても厳しい環境なのではないかと思います。
 現況をみてみると単に「失敗」とは言い難く、今までの不況で敗北(負債)が長期に渡っての積み重ねがここ「私的整理」に来ているので、同業者の日本郵船などのようなところに支援してもらうよりは、全日空(ここもそんな余裕はないかと思いますが)やIT企業(ディーエヌエー・ソフトバンク)などのような「異業種」に支援してもらい、海運事業の不採算部門を大幅にカットする事が、今後の三光汽船の生き延びる無難な選択肢なのではないかと考えられます。


ニュース元・資料
posted by 管理人B at 13:53| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸大証券:自己破産 負債23億円 /群馬〜横領罪への発展の可能性。

昨日3月15日に自己破産申請となった「丸大証券」の他の記事の続報になります。
丸大証券は、顧客の信託財産となっているものを不正流用したので、いずれ、刑事事件に向かう可能性も充分にあります。
 つまり「横領」です。

 金融ではない、普通の企業の場合、他の人から預かった資金を「一時的に流用してしまった」。「「元へもどすつもりだった」これなら、「故意」が認められないので、犯罪は成立しません。
 しかし、金融商品取引業などの場合は、そもそも預かり金を流用してはいけないという規定があるから金融商品取引法違反に抵触するのはもちろん、「横領」が明確になってきます。
 恐らく顧客に返却できれば、刑事事件としては立件できたとしても一応見送りの可能性はありますが、全額返却できなければ、当然のことながら、「横領罪」へと発展することと思われます。





ニュース元・資料
posted by 管理人B at 01:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2012年03月15日

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
米倉涼子さん、7月に米ブロードウェーで主演へ | http://t.co/wZS94Utw at 03/15 17:02

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2012年03月14日のつぶやき』平成電電  被害者の会 JV|http://t.co/PzWL4Aap at 03/15 04:31

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2012年03月14日のつぶやき』社会人サークル部門(現在実験試作中です)|http://t.co/7ykD4x6d at 03/15 04:29

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2012年03月14日の有名つぶやき』平成電電被害者の会 談・投資 戦闘日記|http://t.co/34bQhEty at 03/15 04:29

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
社会人サークル・被災被害者支援情報サークル『過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2012年03月14日』社会人サークルリプラス情報収集組合〜不…|http://t.co/ByAnSywD at 03/15 04:28

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
『2012年03月14日こういうのには気を付けましょう。』東京人脈スクエアhidebbs|http://t.co/DaYk70As at 03/15 04:28

tokyojinmyaku / 東京人脈スクエア(tojin)
2012年03月14日の東京人脈社会人サークル行事269g速報版 | http://t.co/eJ1M1Efi at 03/15 00:05
posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。