2012年04月04日

(有)安愚楽宮崎(児湯郡)/破産開始決定・東京地裁〜負債額が以外と多いのはなぜ?

安愚楽牧場の子会社である「有限会社安愚楽宮崎」というところが、3月28日付で破産手続き開始決定となったということです。負債総額は約29億円となります。この額は色々な要素はありますが、300人程度の企業が負債を抱えて倒産しても大きい「負債額」だと言えます。
 そのようなことから、もしかしたら、安愚楽牧場へのオーナー資金がここにも多額に流れているのかもしれません。
安愚楽牧場関連企業は裾野が広いとおもえるのですが、「巨額な負債」なだけに、単に三ヶ尻一族だけがメインで関わっていたとも思えません。
 安愚楽牧場で「非常に美味しい思い」をした人はいるのではないでしょうか。



ニュース元・資料


「AKB(AKB48)の総選挙は辞退」 卒業を表明した前田敦子さん〜「経営破綻」(倒産等)回避のためには早期の「ソロ活動」という足固めと転換が必要。

最近の「アイドル」と言って真っ先に出る言葉はやはり「AKB48」(エーケービーフォーティーエイト)であることが殆どなのではないでしょうか。芸能ニュースがトップ記事にAKB48の話題を飾るのは当然としても、一般のニュースの記事のトップに出てくることはあまり例のないことです。
 芸能界にあまり興味の無い人でもこの「AKB48」だけは知っているという人も少なくありません。
どうしても、野田総理がどうのこうのとか、東日本大震災の内容と同時に、AKBの話題が隣接して掲載していることも、少なくありません。
AKBの芸能活動は「総選挙」という行事などもあり、経営戦略がフンダンに盛り込まれた芸能活動と言っても過言ではありませんが、
 それだけ「AKB48」の活動が日本経済に大きな影響(貢献)を与えているということです。

 ところで、今回AKB48のエースと言われる前田敦子がAKB48を引退するという話が浮上しましたが、「芸能経済」から考えると「当然の帰結」となります。
  いくら前田敦子がAKB48のエースと言われていても、画面や舞台をにぎわせているのは、48人のメンバーが一緒に活動しているのです。
 ですから、テレビの番組などに出演しても、その時間を飾るのは48人で飾ってその収入をえているのですから「人件費」はバカになりません。

 芸能界は今年は大変絶好調であっても、翌年には急降落ということは珍しくない話です。そのためにも、「1人で稼ぐ」ということが大切になると思います。それに前田敦子も今は20歳といわれていてもいつかは30歳・40歳となっていきます。
 そういった時に「アイドル」を武器にするのはかなりきついことも当然あげられます。
倒産回避と同じ理論になりますが、早期に任務転換が必要になります。




ニュース元・資料
posted by 管理人B at 17:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独Qセルズが破産申請へ−国内太陽電池大手の経営破綻相次ぐ〜ドイツの大手同業者が連続倒産、何か国策で間違いがないのか?。

ドイツのソーラ―・ミレニアムに続き、同業者のドイツのQセルズが破産申請をしました。
こうなると、単なる「経営の失敗」ではなく、ドイツの国策として何か失敗があるのではないかと推察されます。
 この記事からすると、この「破産」が清算をするための破産ではなく、日本でいう「民事再生法」などにあたつような意味合いなのかなとも思えますが、とにかく「経営破綻」であるので、「債務不履行」(借金の返済が期日までにできなかった)ということです。
 日本ではこういった場合、その大手の2社が経営統合か、その事業所でおこなっているのであれば、大手の2社の事業所同士ののみが新会社設立して、経営の合理化を図るという運びになるのだとおもうのですが、ドイツではそのような事をやっていなかったか色々と疑問なところが多いです。
 こうなると、今後ドイツで違う産業でも同じような(大手企業の連続倒産)ことが起こる恐れがあると危惧しています。




ニュース元・資料
posted by 管理人B at 15:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県内倒産、昨年度は120件 負債は最悪 安愚楽牧場が影響 栃木〜そろそろ刑事事件(強制捜査)の季節になります。被害者のまめな「申告」があってこそ、事件の「深刻」さを少しでも捜査機関の全体としての使命へと向かわせるのです。

 いまさら言うまでもないのですが、昨年度(平成23年度)というから、昨年の4月1日から今年の3月31日迄のことをさすものとみています。
 その昨年度の倒産の中で栃木県において最も大きかったのは「安愚楽牧場」だという事を東京商工リサーチ(宇都宮支店)がまとめています。
 この同様の負債額は、2010年が武富士(見掛け上が4400億円)、2012年がエルピ―ダメモリ(4600億円)という所になります。この両者をみても非常に有名な会社であることから、「安愚楽牧場」の倒産劇がいかに「異常」なものなのかが改めて感じるところです。
  しかも安愚楽牧場の負債の97%にあたる4200億円が、出資者への負債額となっており、お金を集めるだけあつめて、事業の延命を図っていたものと強く推察しています。

 畜産という一企業(しかも個人レベルとあまり変わらないような企業)がこれだけの事業(負債をかかえる)は、単に三ヶ尻一族(同族経営ともいえますが)だけでできるようなものなのかが果たして疑問です。
 昨年夏(8月1日)から色々とメッキがすこしずつはがれてきているのですが、その過程で、JAが色々関わっていたり、宮崎県の第三セクターなどがあったり、某宗教団体との絡みも指摘されています。そして、「国」とも言える農林水産省や消費者庁のチョンボなども大きく目立っています。
 この事件は来る5月30日以降に「刑事事件」として大きく発展する可能性が濃厚とみています。そして、その向こうで、色々と「えっ?!」と言われる人物が、この「安愚楽牧場」に「タカッテ」いたりもしくは「しゃぶりついて」いたりしているような気配も強く感じます。

 とにかく今は、警察のケツ叩いて、債権者集会の後にすぐにでも「強制捜査」(逮捕)にとりかかってもらうように仕向けていかなければなりません。そのためにも被害者ひとりひとりが、警察にその旨の申告をこまめに行っていくのが最も早道です。
 よく「窓口」は警視庁だとか、安愚楽牧場の本社を管轄する那須塩原警察署だとかいわれていますが、「警察全体」として、この安愚楽牧場事件の共有認識をもってもらうためには、やはり被害者(債権者)自身の最寄りの交番へ申し出るのが、最善策となります。
 仮にいきなり警視総監へ話をつけるのは、オセロの中島知子でなくても、おかしな話で効果があまりないことなので、身近なところ「交番に勤務する警察官」が安愚楽牧場の被害の窓口にすることがどうしても必要になります。そこから申し受けた警察官は上司⇒上席と必然的に「ボトムアップ」してきますので、「警察全体としての至上命題」とすることが可能となるわけです。
 ですから、「だれかがやってくれるだろう」という認識では、解決が著しく遅くなりますので、「思い立ったら吉日」というようにアクションを起こすべきです。これが本当の「助け合いの精神」なのです。
 


ニュース元・資料

独ソーラー・ミレニアムの米子会社、連邦破産法の適用申請〜敗因は予想以上の建設経費が乗っかってきたからではないか?

ドイツの太陽光発電の会社 ソーラー・ミレニアムのアメリカ現地での子会社が連邦破産法11条の手続きの申請をしたとのことです。
  負債が最大5億ドルということなので日本円(1ドル80円とすると)に換算で400億円の負債ということになります。
 どういうことで敗因になったのかはここでは詳細にはかかれていないのですが、恐らく「太陽光発電」というのは大変クリーンで「無尽蔵」といわれるエネルギーなのですが、この建設コストは、今の全世界で使用しているものを太陽光にかえようとすると、原子力発電所のような大きさの物体が今の1000倍以上も必要なのではないかと思われるからです。
 したがって、ちょっとした電気をつくるのに莫大な敷地(太陽光パネル)が必要で、そのコストが合わずに結果的に資金繰り悪化となったのではないかと思います。

 今原子力発電の撤廃が先の福島第一原発事故で叫ばれていますが、それが無くなった時のそれに見合うエネルギーを太陽光にすると相当の建設費と敷地が必要で、国の援助や管理無しで商社などがおこなってしまうと、後戻りできないギャンブルになってしまうのではないかと考えています。
 

ニュース元・資料
posted by 管理人B at 04:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。