2012年10月06日

広島リビング新聞社:関連7社が破産 負債総額11億5000万円 /広島〜紙媒体業界は転換を急げ!

「広島リビング新聞社」というフリーペーパーを発行しているところが自己破産の申請をしたということです。
どんな会社(新聞社)かと、いいますと、情報誌(新聞)を発行しているところで、その記事は家庭の主婦層をターゲットにしているものです。「フリーペーパー」という事なので「無料」です。
 そのため、新聞社の方から「無料」で家庭に投函するというものです。主な収入源は「広告掲載料」になります。したがって、新聞社の「評価」というものは、広告を掲載した依頼者にどれだけ反響があったかということになります。

 ここ10年以上前から、「インターネット」が普及しはじめ、フリーペーパーだけでなく、普通の(読売・朝日・日経・毎日・産経・東京などの)新聞全体が発行部数が落ち込み、収入もすくなくなっています。
 情報技術の発達(特にインターネット)によって、大変安価で便利な世の中になったのですが、その時代をカバーしていた「紙媒体」の需要も減ることにより、その「紙媒体」関連の業界は大きな転換をしていかなければ、収益の無い企業となり、倒産へといくのがある種の方向になっていくのが実情です。

 フジテレビ・産経新聞及びラジオのニッポン放送を包括するフジサンケイグループがかねてからこういった生活情報に力を入れており、どのくらい「リビング新聞」というものの業務に絡んでいるのかは不確かですが、今後も「紙媒体」から大きく転換していかないと同様の自体が発生し、フジサンケイグループの大きな負債になることは間違いないようです。


ニュース元・資料
posted by 管理人B at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場