2013年03月01日

前田敦子・松田翔太出演予定の作品が映画会社、配給・製作のプレノン・アッシュが破産〜敗因は年々の売上現状に「尖閣諸島問題」が大きく絡んだ事が要因。

香港・台湾と日本をまたにかける映画配給及び製作会社の「プレノン・アッシュ」がこの度東京地裁から破産手続き開始決定をされていたこいうことです。
 「映画」という業界は、長期的な歴史をみると、昭和前半の「テレビ」の普及、昭和後半の「パソコン」の普及、そしてそれをさらに加速させる平成ひと桁代に発展した「インターネット」の普及から、年々需要が減る傾向にあることがわかります。
 映画は、1000円からの入場料もかかり、足を運んで見る、そういった部分から、時代の流れで削減される傾向は否定できません。
  そして今回破産となった、プレノン・アッシュも、その流れにそった売上減少なのですが、日本と中国という関係を強みにもった映画会社であるため、先に発生した「尖閣諸島問題」で信用や危機感などの問題に巻き込まれ、その影響で資金繰りがひっ迫してしまい。とうとう倒産(破産)にいきついてしまったということです。
 最近まで有名芸能人の出演で手がけているような企業が、そういったことで倒産の憂き目にあってしまうのですから、近年の「社会情勢」は日本だけでなく、世界規模でかつてない脅威となるような事象がはっせいしていることが見受けられます。
 こういった現象を考えてみると、先の東日本大震災関連での倒産と類似したところが多く、「社会情勢」の影響での倒産ということになるのだと考えられます。


ニュース元・資料


posted by 管理人B at 02:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2013年02月28日










posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。