2013年03月12日

銭形警部、沖田艦長…声優の納谷悟朗さん死去 83歳〜アニメの声優の声は重要な生命線、イメージが変わればアニメ自体の興業成績が落ちることも。

アニメの主人公や主要人物の声というのはとてもインパクトがあり、「声」そのものがアニメの生命線となっていることが少なくないです。したがって、テレビアニメの番組がはじまって、その番組が「ヒット」した時、その時の「声」を演じていた主人公及びその周辺人物の「声」がその後のアニメの重要なイメージとなっていきます。アニメの登場人物は、少年であれ、高齢のキャラクターであっても、何十年・何百年と続くことは可能なのですが、殊そのキャラクターの「声」は当然生身の人間が担当しているので、歳を経ることに「声質」にも変化を伴うのですが、限りある生命のため、いつかはその「声」は絶たれてしまいます。

 そして、その「声」は誰かに受け継がなければならないのですが、その声質が変わった途端、急激に人気が落ちたりするこということも少なくありません。

 今回亡くなられた声優の「納谷悟朗」さんは、「ルパン三世」の「銭形警部」役で有名なのですが、「銭形警部」という人物もその独特の「声」が始まりから40年もなじまれているので、今後このアニメシリーズが展開されるときの「違和感」がとても気になる人も少なくないかと思います。
 

 「ルパン三世」というアニメも過去の歴史的人物のパロディー物で、その他人物の「石川五右衛門(いしかわごえもん)」だとかも当初の視聴者へ「笑い」を誘う事に強く力を入れていたものが、回を重ねる毎に独自のテーマがある内容となりつつ40年も続いているというのは、日本の精神文化では重要な存在となっているのは否定できません。

 ご冥福をお祈りいたします。



ニュース元・資料


posted by 管理人B at 19:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2013年03月11日










posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。