2013年04月29日

牧伸二(ウクレレ漫談)さんが死亡。多摩川に飛び降り自殺か。〜「あ〜あ、やんなっちゃった」で自殺されれば「あ〜あ驚いた」っていう人は多いに決まっている。

「あ〜あ、やんなっちゃった、あ〜あ驚いた」の牧伸二さんが自殺をしたということが濃厚のようです。
 特に同年代の70代・80代の方たちはもちろんのこと、その子息の世代である40代・50代の人にとっても「牧伸二」という芸能人は印象が深いのではないかと思います。
 病気や加齢などの影響でテレビの出演頻度がなくなってもその「ウクレレ漫談」を一度でも見た人は、その印象を忘れることがないと思いますので30代や20代の人つまり「昭和」生まれの人は、なんらかの印象を大なり小なりもって映像をみているのではないかと推察されます。

 過去30年前などのバブルに向かっての時代はこの人のテレビでの活躍ぶりは印象が深いところです。特に大正製薬がスポンサーであった「大正テレビ寄席」でMC(司会)を務めたのが特に大きいのではないかと考えています。
 最初は「世相を論じながら」ウクレレでちゃらちゃら鳴らし、ある程度の話がまとまったら、ハワイアンを弾きながら、3弾論法での同じ現象の具体例を出し、最後の4弾目でオチのフィニッシュは、今でもファンにはたまならい光景かと思われます。
 

 しかし、報道機関からアップされる最近の牧伸二さんのネット写真や映像をみるとどれも、目の周りが「パンダ」のようなクマが出来ており、見た目ですが顔色が決していいとはいえない状況です。2002年から大病を患って、その後も体に鞭をうって、出演をこなしていたのではないかと思います。

 それに自殺と思われる方法が、鉄橋の車道から身を乗り出して15M(約5階建の高さから)下の川に飛び込んだ(もしくは転落)というので、自殺するにもよほど勇気のいる方法ではないでしょうか。

 人間誰でも80年の人生の中で「死にたい」と思った事は何度かやってきます。恥ずかしいことをした時に「穴があったら入りたい」事も多々あります。そう思わない人は本ブログの関連の立場(倒産・破産・借金地獄・投資被害など)の立場から言わせてもらうと、これらの関連は、もう「人生を終わりにしたい」ということとむすびつきやすいものです。「死にたい」その一点張りの人も少なくないでしょう。
 
 こういうときに「あ〜あ、やんなっちゃった、あ〜あ驚いた」で辛いことも、「やんなっちゃった節」で適当に笑い飛ばして困難を乗り切ろうとイメージしている人も多いのではと考えています。

 それだからこそ、今回の「自殺か」はショッキングな事件です。
ご冥福をお祈りいたします。

 

 
ニュース元・資料
posted by 管理人B at 21:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2013年04月28日












posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場