2013年07月13日

俳優の風間俊介(ジャニーズ事務所)さんが結婚〜事務所発展のためにも給料はもっと多くした方がいいのでは。

 あまり倒産や不動産とは関係の無い話題ですが、ジャニーズ事務所の俳優の風間俊介さんが結婚していたということです。
最初に見かけたのは3年B組「金八先生」というドラマだったのですが、その時の役柄が裏の番長というような設定だったことを覚えています。見ている方としては「なんだ、こいつ」という方も多かったかと思いますが、やはりそれは「役柄」を上手く演じきっているということで、その後着実に名前をあげています。
 つまり企業でいうと「右肩上がり」という訳です。

 しかし、このジャニーズ事務所というのは、多くの男性タレントを輩出している芸能プロダクションとしても有名なのですが、いまいち「待遇」が良くないということでも有名なところです。

 ジャニーズ事務所で大きく活躍しているのは男性4人で構成されているSMAP(スマップ)とも言われているのですが、1990年頃はより人気のある光GENJIで見え隠れという立場だったので、「長続きはしないだろう」と誰もが思っている時でした。しかし、光GENJIが活動をやめてからもSMAPの勢いは急激ではないが、この成長も「右肩上がり」で今では、不動の地位を得ているといっても過言ではありません。

 今でこそSMAPは年収億に達しているのですが、そのメンバーである木村拓哉が事務所に「異論」を唱えていなければ、今は安い賃金で活動していたのか、それとも活動自体がなくなっていたとも考えられます。

 SMAP以外の「嵐」などの人気グループはテレビで活躍の割には給与が大変少ないともいわれています。当然ながら、風間俊介氏も活躍ぶりの割には多くはもらっていない可能性が高いかと思われます。

 そのため、失礼な言い方にもなってしまうかもしれませんが、風間俊介のような有名俳優が一般女性との結婚というような着地点ともなっているとも考えられます。もちろん恋愛や結婚は好きなものがするのだから身分や門地等は関係はないのですが、
今回の結婚については、色々と訳ありのような勘ぐりをするのは当方だけなのでしょうか。



 





ニュース元・資料


posted by 管理人B at 20:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星野リゾート(軽井沢の旅館・ホテル系)の不動産投資信託が上場 公開価格上回る初値つけ人気〜過剰な期待は禁物

 星野リゾートという不動産投資信託がめでたく上場いたしました。
かつては、新規上場するときに購入する株式は「儲かる」というジンクスもあったのですが、このところの景気低迷の時代では、必ずしもそういう事ではない結果も見受けられます。

 先に取り上げさせていただいた、石田館 妙高ホテル(倒産〜自己破産申請)も同じホテル業ですが、ホテルの運営も時代とともに変化しつつあります。

 この星野リゾートという会社はたまたま軽井沢(長野県)という地において、旅館やスキー場ホテルを運営をしており、かねてから人気があり、儲けもしっかりあるので、この度の「上場」にこぎつけたという話です。

 不動産投資信託と同じような仕組みを持つのは私募債である「匿名組合」というものなのですが、こちらは、不動産投資信託が「投資主」という株主のようなもので売買も株式と同じようにできるのに対し、匿名組合は、運営者に経営の意志を一任するということで、運営され、さらに財務内容というものもあまり知ることができないというのものが違いとなっています。

 不動産会社(不動産投資会社)では、その私募債からはじまって、それが確実に利益を産むようになると、不動産投資信託という方向に進むところも少なくありません。

 ただ、いくら儲かっている企業であっても、このところのリゾート産業はかつての好景気のような集客は今一つというような状態でもあります。まして東日本大震災のような災害も発生すれば、リゾート産業はしばらくの景気低迷をしいられます。
 したがってこれにかぎらないものですが、慎重に行わなくてはなりません。



ニュース元・資料
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。