2013年07月26日

MRI社長「金融庁に訴訟」 被害者弁護団「時間稼ぎ目的」〜訴訟するもしないも出資者や弁護団には特段影響はなし、むしろ「夜逃げ」の準備なのか。

MRIインターナショナルのエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長が出資者に「金融庁に対して金融商品取引業者の登録の処分」に対して訴訟を起こすという事です。その内容は恐らく、業者登録の取り消しが無効だということを、法廷の場で争うということなのかと思われます。
  実際にその意思があれば、誠意の欠片くらいは見えるのですが、本当に訴訟を起こすのかどうかはかなり眉唾ものです。
 もし訴訟を起こしたとすれば、まだ明らかにされていない秘密を暴露していかなければならなく、投資家から訴えられている内容に対して自ら証拠を提供してしまう可能性が充分にあるからです。

 昨日のニュースで、日本で罪を犯したアメリカ人の容疑者を日米犯罪人引渡し条約の内容でアメリカから日本へ引き渡されたのが始めてということなので、果たして今後起こりうる可能性のあるMRIインターナショナルの投資の関係者に逮捕容疑が出た場合、どこまでアメリカ当局がこれに協力してくれるのかが気がかりなところです。

 そして、そういった状況をたてにMRIインターナショナルの投資商品が組み込まれている可能性もあり、仮にエドウィン社長が逮捕に至っても、あくまでも「表上の使用人」にすぎず本当の首謀者は、エドウィン社長のようにいろいろな代理人を立てて、姿を見せないようにする手が国際的な犯罪の「定石」と言われる手段です。

 あくまでもここでの推察にしかならないのですが、MRIインターナショナルの経営陣一派は「夜逃げ」を考えているのではないかと思います。「夜逃げ」をしたあとでも債権者からの破産は行えるのですが、その時はMRI経営陣が現時点で持っている財産もどこか知らないところに持ち出し、「もぬけの殻」となる可能性が考えられます。
 つまり、出資者や弁護団からみれば一見「どうでもいいや」という内容なのですが、「夜逃げ」をされると被害の回復は難しいところに来てしまいます。







ニュース元・資料


過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2013年07月25日












posted by 管理人B at 00:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。