2013年07月30日

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2013年07月29日
















posted by 管理人B at 00:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スターズ(サン・ジャパン)生活消耗品メーカー、大阪地裁より破産手続きの開始決定 〜敗因は為替差損のデリバティブ取引も大きな要因。


 スターズという生活消耗品を製造している企業がこの度民事再生手続きを廃止して破産へ転じたということです。負債総額は約110億円です。
 この会社は、格安の「生活消耗品」を製造していて、クラフトテープ、やキッチンシ―ト、ウエットティッシュ、トイレクリ―ナ―などが主な商品で、よく100円ショップやディスカウントストアで見かけます。製造販売元をみると「サン・ジャパン」と書いてあり、消費者にとっては低価格で購入することができ、大変重宝していた人がいるかと思います。

 ところが業績が好調となっているところにクラフトテープの不具合という製造事故が発生したために、その後処理などが尾を引いたため売上も減ってきたということです。その時、ドルでの決済など支払い等に「為替損益」を目論んだ「マネーゲーム」に失敗してしまったため、その煽りを大きく受け、資金繰りに窮するところまでいきついたため、倒産(民事再生)というところにいきつきました。しかし、その後の努力においても、再生計画の見込みもなかったため、結局民事再生を継続するよりは破産(事業譲渡を前提)した方が安くつくと考えたのでしょうか。民事再生の適用申請からすぐに破産へと転じてしまったということになります。

 念のため、倒産にかかる費用においては、民事再生よりは破産の方が遥かに費用が安く、手続きも迅速です。この会社が再生を考えるとき、民事再生ならば、経営陣が残るのですが、いくつかの債権者集会での投票(債権者の判断)を求めるところがあり、他にスポンサーを探してそのもとでの再生を図るという方向も選択が可能です。仮に再生ができたとしてもそのスポンサーの傘下であることは容易に抜け出すことはできないかと思います。
 しかし、業績は回復しないため、破産して経営陣は退陣して、事業譲渡したほうがいいとも判断したのでしょう。民事再生での努力も虚しく破産へと転じていたということです。

 




ニュース元・資料
posted by 管理人B at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。