2013年09月24日

安愚楽牧場特定商品預託法違反被告事件、2013年9月24日に初公判 東京地裁104号法廷

本日(9月24日)は安愚楽牧場での旧経営陣に対する初公判があります。
結局のところ、今までの逮捕・再逮捕・起訴などの状況を見てみると、被告人らは恐らく罪を認めて、早期結審をするものと見ています。この裁判が終わってしまえば、この件においては「詐欺罪」に問われることは著しく困難と見られるし被告人側もそういったスタンスで取り組んでいるものと思います。また検察側も処分保留となっている増淵進元取締役を検察側の証拠に取り入れるなどして、この問題を丸く収めるようとしていることが推察されます。それでも、なんとか少しでもここから情報を得て今後の被害回復につながればと思います。
 




ニュース元・資料


安愚楽被害県弁護団 詐欺罪で起訴求め東京地検に意見書〜ちなみに 特定商品預託法違反被告事件の初公判期日は9月24日(火)午後13時傍聴希望者の抽選。

東京新聞では他の新聞より1日遅れですが、栃木の安愚楽牧場被害対策弁護団の要望書が東京地検にだされたとの記事が掲載されていました。内容は前日の他の新聞社と内容が同じです。

 さて、今週の土日月は連休で明けの火曜日の9月24日は「安愚楽牧場事件」(特定商品預託法違反)の初公判(刑事裁判)です。警察は詐欺罪での告訴受理し捜査をするも「詐欺罪」での扱いは難しいということで捜査を終了したということです。
 今回の「牛の頭数」を偽って出資者に提示したことは、その他出資金の「自転車操業」をして元本の返金や利息の配当もあわせて、「詐欺」だということでその要望もおおかったのです。そして、本被告事件において、判決が下りれば、これらの106名の事件においては「詐欺」に問う事は著しく厳しくなります。

 ところで今回安愚楽牧場の公判は東京地裁の104号法廷で行うということです。実際、安愚楽牧場の事件は出資者が7万3000人でその被害額(債権額)は4200億円と過去に非常に大きい金額であった「豊田商事事件」の約2倍の額であるため、その刑事事件となれば、最も大きい104号法廷で行われるのが当然かと思います。
 今回の裁判所の傍聴情報によれば、東京地裁の所定の場所に13時迄に集まった人に抽選権が与えられ、当たった人が見事裁判に「傍聴」できるということです。安愚楽牧場の場合はその後の公判期日でも「抽選」は無くても先着順による傍聴券交付しての遂行になるのかと思いますが、今回の初公判においては、どのくらいの倍率があるかは少々予測が困難です。

 東京地裁104号法廷の傍聴席は95席位だと思うのですがすべてが一般抽選をする対象ではありません。そのうちの正面向かって20席分位は「報道関係優先席」(新聞社や通信社・テレビ会社)になりますし、最前列の5〜10席位も「特別優先席」になります。「特別優先席」は事件の被害者やその利害関係にある代理人(弁護士)のための優先席です。ここでいう「被害者」は今回の起訴の基になっている「被害者」で希望する人などがそこに座ることができます(勿論座席数は限られてます)。その起訴の対象から外れている被害者であっても、任意団体である「被害者の会(被害者団)」の代表(代表でなくても「被害者の会」を代表して傍聴する人)であれば、その活動状況や密接度などにより認められることがあります。
 この「特別優先席」の窓口は裁判所ではなく、検察庁(東京地検公判部)になります。


 結局一般の人(起訴の対象になっていない出資被害者も含む)も含めて、抽選に臨むことになるのですが、前述の内容から実際に抽選に出される席は60席位になります。当然抽選時刻に60人以下の人しかあつまらなければ全員が傍聴件を手にすることができるのですが、同じ日に大きな裁判が行われれば、その傍聴人が安愚楽牧場の刑事裁判になだれ込む可能性もあります。さらに、修学旅行のようなグループとか、大学生のゼミの傍聴研究グループがきたりしたら、そういう人と競り合わなければなりません。
 ですから「未知数」ということになります。

 あと、見事傍聴に当たると、104号法廷に向かう訳ですが、東京地裁での刑事裁判の場合は民事裁判とは違い「警備」が念入りです。庁舎に入るときにまず「金属探知機」でのチェックをおこないますが、法廷に入るときも「金属探知機」のチェックがあります。その「金属探知機」はちょっと強めらしく、肌身に金属をつけていると、それが確認されるまで調べられることもあります。ですから、「へそピアス」とか、「金多摩金属」のようなアクセサリーは取り外せたら取り外しておいた方がいいかもしれません。

 そこに来る前に手荷物の中見を簡単にチェックして、携帯電話は電源を切って手荷物と別にして預けます。ペンとノートなどの紙類は持ちこみ自由です。また特別に女性に限りハンドバックの大きさの手荷物1個持ち込みが可能になっています。

 ちょっと逆戻りになりますが、当日雨天の時は傘を持参されるかと思いますが、棒状の傘(折りたためない傘)の場合は1階のかぎ付き傘置き場に置いてくるようにもなっていました。番号札で引き換えるためか傘は預からないようです。しかし最近の東京地裁の庁舎は傘置き場を使用禁止にしています。ですから、傘は「折りたたみ」で来られる方が無難です。


 第1回の公判は13時半の開始前に、テレビ会社で被告人が入場する前の撮影を5分程度行います。傍聴席も撮影するので、映像に入りたくない人はそれが終わり次第入場になります。

 ここからはあくまでも想像でしかなりませんが、人定質問後、被告人2名(三ヶ尻久美子元社長、大石勝也 元取締役)は罪をほぼ認めているものと見ています。恐らく保釈された上での出頭ではないかと考えています。今回は起訴を2回おこなっているので、事件番号が2つあり、検察官が起訴状を2つ分朗読します。
 そのあと被告人らは罪を認め、証拠調べ→次回期日告知(又は次回以降論告求刑の手前まで)という段取りになるかと思います。早期結審になるかと見ています。





 






ニュース元・資料

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2013年09月23日










posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。