2013年11月03日

パルモア病院(兵庫県神戸市中央区):「診療継続への措置」 周産期医療パイオニア、民事再生法申請〜敗因は本業以外の内部紛争。


パルモア病院(兵庫県神戸市中央区):「診療継続への措置」 周産期医療パイオニア、民事再生法申請〜敗因は本業以外の内部紛争。



2013/10/31 12:43

パルモア病院が民事再生法を申請 診療は継続

兵庫県神戸市中央区にある医療法人財団パルモア病院が大阪地裁に民事再生法の適用を申請したとのことです。負債総額は平成25年3月現在で約15億円とのことです。

 パルモア病院は産科においての分野で高く評価を得ていることがあり、利用者からも高く評価されています。それにもかかわらず、倒産に行き着いてしまったのは、本業とは関係のない部分の「内部紛争」で膨大な費用が発生せざるを得ない状態になってしまい、それが「債務不履行」まで至ったのが大きな敗因となってしまったということです。
 つまり内部での「足の引っ張り合い」が顕著に悪い方にあわられてしまったということです。

 民事再生手続なので、経営陣がそのまま続投し、銀行などの債権者に半分以上泣いてもらうことになってしまうのかと思いますが、病院自体が品質のたかいものであるから、「内部紛争」を早期に解決していくことがこの病院の再建への近道といえるのかと思います。


 大型企業の民事再生というのは、当然債務がカットされるのですが、その際に一時的に資金が多くとどまる現象となることがあります。こういったときでもいくら債務不履行になったからといって、従業員の士気が低下しないよう雇用と給与水準は現状維持すべきです。
 この病院は特に本業とは違う部分で資金繰りが悪貨したため、再生して全うな道になる可能性は高いかと思われます。「民事再生」というチャンスは最初で最後のチャンスですから、お墨付きのある病院をつまらないことで潰さないようにしていただきたく思います。








ニュース元・資料


posted by 管理人B at 00:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2013年11月02日










posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。