2013年12月04日

レーシック手術、4割が「不具合感じる」 消費者庁調査〜人間の眼であるだけに異常事態、大規模紛争の発展の可能性も。

 「レーシック手術」というのは、近視の人の目のレンズをレーザーで薄くすることにより正視の状態に戻す手術です。

 これを受診する人は視力が低く、コンタクトレンズなどを使用している人が多く、ほとんどが0.1の視力が1.0までに見えるようになると言われています。
 
 また、似たような手術で60歳を超えるような多くの高齢者の方に症状がでる「白内障」(はくないしょう)というものがあります。それは、「病気」とは言い難いですが、目のレンズが加齢とともに濁ったため、それを手術で、自身のレンズを人工のレンズ(「眼内レンズ」)と取り替えることにより、視力が格段によく見えるような方法もあります。

 後者の「白内障」による手術は、疾病(しっぺい)であるため、健康保険の給付の対象になりますが、前者のレーシック手術は、単に視力が低くメガネやコンタクトレンズを着用することによって充分に視力を取り戻せるため、健康保険の給付の対象にはなりません。医療費は全額自己負担となります。


 このレーシック手術を受ける人が年々増えてきていますが、まだこの手術の歴史が浅いため、今後どのような「後遺症」のような発生が増えるのか危惧している医師や評論家も少なくありません。

 結局、その危惧されていることは、現実のものとなり、手術を受けた半数近くの人がなんらかの「違和感」を感じているということです。


 結局こういったトラブルは、いい面だけが強調され、手術を受ける際に充分な説明を受けずに行なったことが原因のように言われていますが、そもそも、この手術によって不具合が半数近くも存在するというのは、「レーシック手術」自体がまだ不充分なものであるからではないかと強く思われます。

 人生に大切なものであるだけに、今後大きな消費者問題や大掛かりな訴訟へと発展するのではないかと推察されます。

 違和感を感じる場合は、頼りないですが「消費者センター」だけではなく、複数の機関に相談することが重要です。



ニュース元・資料


posted by 管理人B at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2013年12月03日












posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。