2013年12月26日

性風俗とは違います おもてなしと癒しのリラクゼーション業界、「誤解」解きつつ急成長~しかし、「医療行為」のマッサージは御法度

 2013年10月に総務省が、国の統計基準に使われる日本標準産業分類に「リラクゼーション業(手技を用いるもの)」を新設いたしました。
 
 この「リラクゼーション」というのは、いわゆる「マッサージ」に類似した「ボディケアマッサージ」に相当します。なぜ「『マッサージ』に類似した」ということになるかと言うと、「マッサージ」という行為は法的にその方面の「国家資格」を持っていないとできないことになっています。

 それで、マッサージを実際にできる資格は「あん摩マッサージ指圧師」(マッサージ師)になります。「あん摩マッサージ指圧師」の資格を取得するには、最低でも3年間みっちり「専門学校」で学ぶ必要があります。それで、国家試験に合格してはじめて「マッサージ師」として堂々とできることになっています。

 「マッサージ師」ができることは、「医療行為」「治療行為」としてのマッサージです。ですから「マッサージ」によっていたんだ筋肉を修復するとかそういった「医療行為」を医師の指示で行えるということです。無資格の人が治療目的でマッサージを業として行うと「法律違反」となり、無資格の医師などと同様に処罰されます。

 そうなってくると、今ボディケアマッサージなどを展開しているお店をアチコチ見受けられますが、前述の事を考えてみると、そう多くはないはずです。すると、そういう店で「マッサージ」を行うことは「違法行為」と一見みられがちです。しかし、「医療行為」として行っているわけではないので、グレーゾーンのような部分もありますが、「違法行為」とならないのが現状です。

 本来マッサージにおいては、相当な力や体重をかけて体に施術をするので、それなりの「知識」がなければならず、当然その技量も公的に確認されていなければ危ないことになります。間違えた行為を行えば、大きな事故につながりかねません。

 しかし、現在の慣習では、このようなマッサージも「リラクゼーション業」として社会的に認知され、さらにそう言ったお店も急増していることで日本の経済の大きな支えとなってきています。そのためそれに従事する人も日本で約3万人で市場規模が1400億円に達しているため、国としても一目おくだけでなく、お墨付きも付け始めています。

 そもそもこの「(手技をつかった)リラクゼーション」が堂々と認められたきっかけは、過去に資格のない人が医療行為ではないマッサージをしてその違法性の有無が最高裁の判決で決定したことから、リラクゼーションとしてのマッサージが無資格でも行えることを事実上認知されたことからです。

 当然「医療行為」としてのマッサージよりは「リラクゼーション」としてのマッサージの方が需要が高いから、こうした業をしぜんと認めざるを得ないというような状況になってきています。
 それにこの業界で大きな致命的な事故も多発していないため、特に規制は設けられておらず、現在の状況にいたっています。


 さらに、このような「リラクぜーションマッサージ」には意外にも「許認可」が全くいらず、性風俗産業のような「商業地域」に限定されず、かなり広い範囲での場所で営業ができるのが特徴です。その上「営業時間」の規制も全くありません。

 そこで、気をつけなければならないのは、この業界においては、治療行為(「治します」)やお客や施術者が裸体になっての行為は、マッサージ師しか行えないことや、公安委員会(警察署)に性風俗営業の許可を得なければそのような行為を行えないということです。

 特に「医療行為」においては、気を付けなればなりません。
 
 

 


ニュース元・資料


posted by 管理人B at 02:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市場・無料タダの営業戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みずほ組員融資:金融庁より一部業務停止命令「企業風土に問題」〜オリエントコーポレーションも当然悪いのかと思うのですが。

 みずほ銀行が関連信販会社オリエントコーポレーションを通じて反社会的団体に融資していた件で、金融庁が一部業務停止処分をする方針を固めたということです。

 結局この不祥事のもとはといえば、オリエントコーポレーションのクレジット与信審査があまかったからであって、それをみずほ銀行が鵜呑みにしてしまったという点が大きいのかと思います。
 さらに「みずほ銀行」の体質なのか、そういった不祥事を内々に処理してしまい、それがあとになって大問題に発展した、そういうことになるのかと思います。

 結局、みずほ銀行がこういうような「品質管理」に問題があったのは、未だ前身であった、日本興業銀行・第一勧業銀行・富士銀行の派閥の解消がまだできていないところがここに来て致命的になっていることです。
 一般利用者サイドからしても、「みずほ銀行」は利用しづらい点が非常に多く、預金の預け入れ引き出しについてもコンビニでは「無料」利用枠が他のメガバンクより少ないし、振込においても優遇が少ないと感じる方がおおいかと思います。

 報道からは、みずほ銀行だけが一方的に悪いような話で進んでいますが、オリエントコーポレーション(オリコ)の方もこれを機に審査の仕方などをもう一度考えなくては同じようなことが起こってしまいます。

 オリコは他の信販に比べて「承認率」が高いと言われています。その高い理由は、クレジットが国際ブランド(VISA、MASTER、JCB)ではなく、流通系(百貨店・スーパー系)でもない独立系と言われる信販会社なので、少しでも利用率を高めるには、「承認率」を同業他社よりゆるくしていくということが生き残るみちとされていたのでしょう。

 アルバイトなどの「非正規雇用」でも審査が通りやすいと言われる「オリコ」においては、今後利用しづらくなってしまうのかわかりませんが、せめて反社会的な方面の利用をもっと厳しく吟味するようにしたらいいかと考えられます。

 
  尚みずほ銀行のその時の会長は、塚本隆史(つかもと たかし)氏で、塚本高史(俳優)を連想させてしまうようですが、今年の10月3日に、「みんなでゆかし」の金融商品で金融庁の処分となったアブラハムプライベートバンクのその商品のイメージキャラクターとなっていたこともあるため、「おやっ」と思われた方もおおい事をよく耳にします。





ニュース元・資料
posted by 管理人B at 00:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2013年12月25日










posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。