2014年02月02日

アダルトビデオ会社が「米国本社」のFC2(エフシーツー;ネバダ州ラスベガス)を提訴!MRIインターナショナルなどの外国メイン企業に対して日本で裁判を起こす「方法」とは?

 

 FC2「エフシーツー」という会社は1997年7月に創業された情報・通信企業です。業務内容は、主にホスティングサービス(サーバーの賃貸提供)・ホームページやその関連部品(カウンターや掲示板・アクセス解析など)・ブログ・SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を提供する会社です。
 本社拠点は米国(米国ネバダ州ラスベガス)です。
 日本国内でもブログやホームページの個人利用者がとても多く、その筋の「大手」と言われています。

 ところで、FC2とは、「ファンタスティック・クピ・クピ」という名称の略称だそうでfantastic(非常にすばらしい、感動的、幻想的、夢を見ているようなさま。)「Cpi・Cpi」(意味不明です)
、いずれの意味も後付けではありますが、登記名称である「FC2」は、創業者の頭文字をとってつけたという説が有力です。

 アメリカの会社ではありますが、最も利用者が多いのが意外にも日本人となっています。それは創設代表者(高橋理洋と高橋人文で理洋が兄で人文が弟)が日本人であることと、言語が日本語が最も得意であることなどの理由から日本人向けのサービスにの割合が大きくなっているということです。

 FC2は個人消費者にとってもとても有名な会社ではありますが、同業他社の日本企業と比較すると、外国企業なので、イマイチ闇のようなわからない部分も感じられますが、日本でのシェアはとても大きいです。

 FC2のサービスの中で「ブログ」サービスがあります。他の日本企業のブログと秀でた特徴は、無料でも「広告が目立たない」「規制が少なく、商用利用も可能」ということが挙げられます。

 逆に、外国企業であるため、ブログ執筆者(管理人)の表現を野放しにされやすいというような欠点もあります。しかし執筆者においては、「表現の自由」を徹底しやすい面もあり、何か苦情等があって訴訟に発展するようなことがあるかと思います。その場合、アメリカ企業であるため法律的な手続きはアメリカ(ネバダ州)にあるから、該当ブログの記事に対して管理人が「削除要求」されても拒否となった場合は、当然ブログの運営会社(FC2)に行くわけですが、FC2も拒否した場合は、基本的にはアメリカでの紛争になります。
 そして該当の管理人においてはそのブログの記事が削除されるかどうかの話になるだけなので、そういう部分を考えるのであればFC2の利用は有利が点があります。

 そのため、他のサービス動画等もブログ同様同じようなこととなり、見逃したテレビの番組がFC2でみることができたりと消費者にとってFC2は強い味方かと思います。

 
 ところで、今回の件においては、FC2の投稿動画にアダルトビデオメーカーの作品(有料販売されているもの)が無断で流されているということです。
 そうなるとメーカーの方も売上が大きく減少してしまうので、死活問題です。

 そして何度か差し止め要求やその賠償請求もしたのかと思うのですが埒があかないので、「裁判」で解決しなければならないことになったようです。

 FC2が日本メインの企業であるlivedoor・amebaや日本での法人が確立しているgoogle・yahooのような活動拠点であれば、問題なく国内での裁判が可能ですが、FC2はアメリカでの活動がメインで日本に営業拠点がない(とされている)ため、2012年に改正された民事訴訟法の規定で東京地裁に訴訟の管轄が仮にあったとしても、その状況からして実質的にはアメリカでの裁判でなければ意味がないというようなことになりそうです。

 








ニュース元・資料


posted by 管理人B at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業再編・M&A・異動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2014年02月01日










posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。