2014年02月03日

木の実ナナ・尾藤イサオさんなどの芸能事務所アトリエ・ダンカン(東京都渋谷区神宮前)、自己破産申請へ〜前年度は7.5億の売上にも関わらずなぜ?

アトリエ・ダンカン
 有名女優 木の実ナナや尾藤イサオらが所属する芸能事務所株式会社アトリエ・ダンカンが2月1日で事業を停止して、自己破産を行うとのことです。負債総額は現在わかりませんが、昨年(平成25年)9月には7億5000万もの売上を達していながらその半年後にどうして破産にならなくてはならないのか少々疑問におもうところです。

 よく投資ファンドや不動産投資などの会社においては前年に「創業依頼最高の売上」となっていながら、翌年には「債務超過で破産」という事は事業の性質上あってしかりのことなのですが、人のマネジメントなどがメインの芸能事務所がどうしてこういった結果になってしまうのかは、頭をひねるところです。

 設立には木の実ナナさんが代表とともにかかわったということなので題名通り「木の実ナナさんの芸能事務所」と言えるのですが、代表やその役員などの個人破産もあるのか、今後どうなるのかとても気になるところです。




木の実ナナさんら所属、アトリエダンカン破産へ

 タレントのマネジメント業務や演劇制作を行っていた芸能プロダクションのアトリエダンカン(東京)が、事業を停止して、破産申請を行う見通しとなった。

 民間の信用調査会社の東京商工リサーチが3日、明らかにした。

 アトリエダンカンは、木の実ナナさんや尾藤イサオさんらが所属。1月中旬になって、今月上演予定だった演劇公演の中止を発表していた。

(2014年2月3日13時03分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20140203-OYT1T00625.htm




ニュース元・資料


posted by 管理人B at 16:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座線:車掌腹痛で乱れ 2万4000人影響〜東京メトロは従業員の安全をちゃんと考えているのかもう一度指差し確認を!

20140203銀座線新橋駅で車掌腹痛で救急車運搬.jpg
 銀座線でトラブルがあった模様です。車両の故障や不審物の発見などで運行がストップすることはたまにありますが、乗務員の体調不良による一時運休はあまり話を聞きません。

 銀座線は地下鉄で最も古い路線であって、現行浅草⇒渋谷を運行しています。新橋駅はちょうど路線の中程にあって、渋谷進行方向の後方に銀座駅、前方には虎ノ門駅があります。新橋駅でトラブルになってしまった場合、振替輸送として山手線と都営浅草線があるので、新橋から先の溜池山王・赤坂見附などは他線を乗り継げば到着可能ですし、一つ前方の虎ノ門駅は新橋から少し歩けば着くところなので、それでも影響は少ないのかと思います。

 乗務員も人間ですので体調不良が生じるのは致し方のないことです。ただ、代替要員をすぐに配置できなかったというか配置できるような仕組みはなかったのかと思うと残念です。

 人件費というのは企業の経費の中で大きく占めるものなので、できるだけ人件費は節約したほうが事ましいのは確かです。そのためどこでも「正社員」という身分を少なくして、契約社員・派遣社員・アルバイト・パートという従業員を多くしているのが実情です。

 でも鉄道会社においては、こういった部分は少なからず想定できるのですから、なんとかならなかったのかと切に思うところです。
  JR北海道のように鉄道設備の保守点検をないがしろにするのは安全上もってのほかですが、それ以上に従業員の安全を考えるのはより重要なことです。従業員が心身ともに健康であるから電車が平常に動き、なにか設備・車両等にトラブルがあっても、従業員がしっかりしているから復旧も早く平常ダイヤに戻れるのです。
 鉄道会社に限らず、従業員を大切にしない企業はトラブルが多くあり、その対処に莫大な経費を投入することとなり、未来はありません。
 従業員が無理なく安心して業務に取り組める環境整備心から望みます。
 
 車掌さんの早い回復をお祈りいたします。




ニュース元・資料
posted by 管理人B at 15:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白木屋グランドホテルが破産手続き開始決定150年の歴史に幕 山口県長門市湯本温泉〜敗因は時代の変化への対応の遅さが仇に

20140201白木屋グランドホテルHPトップ建物_0203.jpg20140201白木屋グランドホテルHPトップお風呂_0203.jpg 山口県長門市(ながとし)にある老舗旅館 「白木屋グランドホテル」がこの度破産手続き開始決定を受けた模様です。負債総額は22億7200万円ということです。

 この旅館は老舗でも150年営業をつづけていた「超」老舗旅館です。
全国的にも人気の宿泊施設で何らかのランキングに入っているというような名実ともに実力のあるホテルです。
 なぜこのような満足度の評価の高いホテルが倒産の結末を迎えてしまったかというと、やはりオーナーが敗因を述べているように「時代の変化に対応ができなかった」ということそのものが理由だったのかもしれません。

 特に「老舗」と言われる旅館が倒産する多くは、収益と経費のバランスが取れていないことが多いことが伺われます。最近の経済情勢はご存知のとおり「不況」なので、如何に安く宿泊するかということが最も関心の高いことかと思います。それに基づいて収益が決定するのでさらにその収益があうように「経費」をかけなくてはなりません。ホテルというのはサービスにいくらでも「経費」をかけることができる業態なので、ある一定のサービス以上の事をしてしまえば採算が合わなくなってしまうのも現状です。

 白木屋においては恐らく固定経費やサービスの量が大きく締めそれがネックになってしまったのだと思います。

 当然破産に至るまでには、事業譲渡などを考えたのでしょうけどスポンサーが「健全な状態」では現れなかったということなのかもしれません。これから「破産」ということになるのですが、事業を受け取ってホテルを継続してくれる企業が見つかればと思います。

 


ニュース元・資料
posted by 管理人B at 04:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2014年02月02日












posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。